オーロラは日本で見れる?オーロラが見える条件と場所は?

冬のイベント・お祭り

夜空に輝く神秘的な光のカーテン、オーロラ。

オーロラといえば、カナダのイエローナイフやアラスカのフェアバンクス、スウェーデンのキルナが有名です。

「オーロラを見るためには遠くに行かなければ。」

とお考えの方も多いですが、実は条件が揃えば日本でもオーロラを見ることができます。

今回は、意外と知られていない日本で見られるオーロラや見える条件、地域を中心にご紹介します。

オーロラは日本で見えるの?

結論から言うと、日本でもオーロラを見ることは可能です。

日本では、過去の文献からもオーロラが観測された記録が残っています。

太古の日本でオーロラは、「赤気」と呼ばれ、飛鳥時代(620年)から江戸時代まで、京都や江戸などで空が明るく光る現象が観測されています。

『低緯度オーロラ』と呼ばれ、現在は北海道や東北など寒い地域で条件が揃った場合に観測されています。

オーロラは神秘の大自然のカーテンですので、簡単に見れるわけではないんですね。

では、オーロラが見える条件はどんな時なのでしょうか。

次の章で、オーロラが見える条件について、詳しく説明します。

オーロラの正体は?見える条件は?

そもそもオーロラとはどういう現象なのでしょうか。

オーロラの発生には太陽の活動が深く関わっていると言われています。

太陽の表面で起こる爆発によってできるプラズマ粒子が、地球の大気に含まれる酸素原子や窒素原子と衝突した際に、衝突時のエネルギーによって発光します。

この衝突の際に起こる発光現象がオーロラなのです。

では、オーロラはどのような条件で見えるのでしょうか。

オーロラが見える条件は3つあります。

  1. 雲がなく天気がいい。
  2. 空が暗く、人工の光がない。
  3. 太陽活動が活発。

この3つの条件が重なったときに、オーロラを見ることができます。

なかでも、はっきりとオーロラを見ることができるのは、北半球の60度〜70度の範囲と言われています。

このオーロラの出現頻度が高いエリアを『オーロラベルト』と呼んでいます。

オーロラベルト以外でもオーロラを見ることはできるのですが、空がぼんやりと光るような低緯度オーロラがほとんどです。

綺麗なオーロラが見たい場合は、オーロラベルトにある都市に行くようにしましょう。

これだけの条件が揃わなければ見れないなんで、まさに神秘の大自然のカーテンですね。

オーロラが見える地域と旅費は?

オーロラが高確率で見える地域は、カナダやアラスカ、北欧と言われています。

このなかでもおすすめの地域を3つ紹介します。

1:イエローナイフ(カナダ)

オーロラ観測で有名なイエローナイフはカナダの北部に位置します。

イエローナイフは、空気が乾燥し晴れの日が多く、孤立した都市なので、人工の光があまりありません。

ですので、オーロラを観測するにはぴったりの地域です。

オーロラ観測ツアーを主催するオーロラビレッジの統計では、3晩連続で観測した場合に約95%の確率で出現するそうです。

イエローナイフへはツアーも出ていますので、海外旅行経験の少ない人は利用してみて下さい。

  • 旅行予算:184,700円〜345,700円

2:フェアバンクス(アラスカ)

アラスカのフェアバンクスもオーロラ観測の名所です。

フェアバンクスは、年間平均で243日もオーロラが出現すると言われています。1年の3分の2がオーロラが出現するので、見れる可能性が高そうですよね。

フェアバンクスから北東約100Kmに位置するチナ温泉では、天然温泉が湧き、運が良ければ温泉に浸かりながらオーロラ鑑賞ができます。

フェアバンクスもツアーが出ていますので、ぜひ利用してみて下さい。

  • 旅行予算:328,000円〜483,000円

3:キルナ(スウェーデン)

北欧スウェーデンの最北端にあるキルナはオーロラの街と呼ばれています。

キルナは、他の北欧地域に比べても晴天率が高いので、オーロラが見れる確率が高いです。さらに、日照時間が短いのでオーロラを見れるチャンスが長いです。

オーロラ鑑賞する際は、通常、郊外へと移動しなければなりませんが、キルナは小さな町ですので15分も歩けば街の暗がりにたどり着きます。

オーロラ鑑賞するための移動も最小限で済む点もポイントが高いですよね。

  • 旅行予算:195,300円〜424,300円

オーロラをスマホでうまく撮影するには?

一昔前までは、腕の良いカメラマンが良いカメラを使わなければオーロラを撮影できませんでした。

しかし、最近ではスマホのカメラの性能も上がったのでオーロラをスマホで撮影することができるようになってきました。

オーロラをスマホでうまく撮影するために、下記のものを準備しましょう。

  • スマホ(当たり前)
  • スマホ用三脚
  • スマホ用Bluetoothリモートシャッター
  • カメラアプリ(無料のものでも可)

オーロラをスマホで撮影する際の手ブレは厳禁です。

手ブレせず、うまく撮影するためにもスマホ用の三脚とリモートシャッターを使用しましょう。

まずは、スマホを三脚に取り付けたり、リモートシャッターの使い方を把握しましょう。

ある程度使い方が分かれば、次はカメラアプリの設定です。

  • ISOは400くらいにする。
  • 露出はfの値を最小にする。
  • シャッタースピードは5秒程度。

カメラアプリで上記の設定にし、オーロラの前に星空を綺麗に撮る練習をしましょう。

星がブレずにくっきりと撮影できたら準備完了です。もし、星がうまく映らない場合は設定を少し変更し、綺麗に撮影できるように調整してください。

あとはオーロラが出るのを待つのみです。

三脚やスマホの設定は、オーロラが出る前に準備して置いてくださいね。オーロラが出てから準備したのでは間に合いません。必ず、オーロラが出現する前に準備しておきましょう。

まとめ

オーロラは日本で見れる?オーロラが見える条件と場所は?のまとめ!

 

♦オーロラは日本で見えるの?

日本でもオーロラを見ることはできる。北海道や東北など寒い地域で条件が揃った場合に観測されている。

♦オーロラの正体は?見える条件は?

オーロラの発生には太陽の活動が深く関わっている。太陽の表面で起こる爆発によってできるプラズマ粒子が地球の大気に含まれる酸素原子や窒素原子と衝突した際に起こる発光現象がオーロラ。オーロラは、雲がなく天気がいい日、空が暗く人工の光がない場所、太陽活動が活発なときの3つの条件が重なったときに見れる。北半球の60度〜70度(オーロラベルト)が出現度が高い。

♦オーロラが見える地域と旅費は?

◊イエローナイフ(カナダ)

  • 3晩連続で観測した場合に約95%の確率で出現する。
  • 旅行予算:184,700円〜345,700円

◊フェアバンクス(アラスカ)

  • 年間平均243日オーロラが出現する。
  • 旅行予算:328,000円〜483,000円

◊キルナ(スウェーデン)

  • 晴天率が高く、日照時間も短いので、オーロラを見れるチャンスが長い。
  • 旅行予算:195,300円〜424,300円

♦オーロラをスマホでうまく撮影するには?

オーロラをスマホでうまく撮影するに、スマホ用三脚・スマホ用Bluetoothリモートシャッター・カメラアプリを準備する。カメラの設定をし、星がブレずにくっきりと撮影できるように練習する。オーロラ出現前に準備を整えて撮影。

死ぬまでに1度はオーロラを見てみたいという人も多いのではないでしょうか。夜空に輝く神秘的な光のカーテンは、幻想的でとても美しいですよね。

綺麗なオーロラを見るためには、条件や観測する地域が重要です。

確実に見れるわけではありませんが、より高確率でオーロラを見るために極地まで足を運んでみてはいかがでしょうか。

コメント

タイトルとURLをコピーしました