熊本の教会でクリスマスを過ごそう!おすすめ場所5選とミサ参加の作法は?

クリスマスは冬の一大イベント。人気のクリスマススポットはさまざまありますが、クリスマスを教会で過ごしたいという方は多いのではないでしょうか。

私も一回だけクリスマスを教会で過ごしたことがあります。そのとき誘ってくれた友達がキリスト教徒で「気楽な感じで大丈夫」とは言ってくれてたんですが、当然私はいろいろ質問攻めです。

  • 「キリスト教徒じゃないのに大丈夫?」
  • 「作法とか全然わからないんだけど?」
  • 「服はどんな感じで行けばいいの?」

結論をいうと全然心配する必要はありませんでした。想像していたよりも作法的なものは複雑なものはなかったでしたし、教会の方も参加している方たちも非常に親切でした。

一般的に教会で行われるミサや礼拝は誰でも参加自由のもので、特にクリスマスは一年の中でも最も多くキリスト教徒ではない方が参加するミサ・礼拝とのことです。

そういう意味では、はじめての方がもっとも参加しやすいミサがクリスマスのミサと言そうですね。

この記事では熊本でクリスマスに過ごしたい教会を5つご紹介していきます。

クリスマスを過ごす熊本のおすすめ教会5選その1:大江教会

クリスマスのミサを世界文化遺産の教会で過ごすのはいかがですか。

「長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産」が世界文化遺産に指定され、ご紹介する大江教会もその世界文化遺産の一部です。

クリスマスの時期、こちらの教会のある地域一帯で「大江冬まつり」というものが行われ、およそ2万5000個のイルミネーションでライトアップされます。

イルミネーションに包まれる世界文化遺産、教会で過ごすクリスマス、想像するだけで特別なものを感じますね。

大江教会(カトリック)

  • 住所:〒863ー2801 天草市天草町大江 1782
  • 電話:0969-42-5176

クリスマスの日程

◆12月25日(土)クリスマスミサ

イルミネーションは通常18時〜21時までですが、クリスマスイブ、クリスマスは終了時間を延長予定。

クリスマスを過ごす熊本のおすすめ教会5選その2:熊本白川教会

二つ目にご紹介するのは熊本白川教会です。こちらは創立130年以上、とても伝統のある教会です。

コロナ禍で多く中止になっていますが、例年ですと結婚式やコンサート、バザーなどイベント事も盛んな教会。また付属の幼稚園などとても地域に根ざしています。

また今年もクリスマスのコンサートは開催予定です。

熊本白川教会(プロテスタント)

  • 住所:〒862-0976 熊本県熊本市中央区九品寺2-2-44
  • 電話:096-352-3911

クリスマスの日程

◆12月19日(日)午前10:30 クリスマス主日礼拝
◆12月24日(金)クリスマスイブ礼拝
◆12月24日(金)午後7時 パイプオルガンショートコンサート

クリスマスを過ごす熊本のおすすめ教会5選その3:神水(くわみず)教会

3つ目にご紹介するのが神水(くわみず)教会です。

教会学校があり、普段から園児や小中高の児童学生からお子さん連れの親御さん、さらにはお年を召した方までたくさんの人が集まる教会です。

教会もロッジを思わせる内装で全体的にとても温かみを感じる教会です。小さなお子さん連れで少し心配のある方はこのような教会はいかがでしょうか。

神水教会(プロテスタント)

  • 住所:〒862-0954 熊本県熊本市中央区神水1-14-1
  • 電話:096-381-3989

クリスマスの日程

◆12月24日(金)午後7時 クリスマスイブ礼拝

クリスマスを過ごす熊本のおすすめ教会5選その4:武蔵ヶ丘教会

高い天井とそこから差し込む光のステンドグラスが印象的な教会。牧師も非常に面白い方でユーモアのある説教が聞けるとのことです。

武蔵ヶ丘教会(プロテスタント)

  • 住所:〒862-8001 熊本県熊本市北区武蔵ヶ丘6-6-1
  • 電話:096-339-0330

今年のクリスマスのイベントは現在未定となっていますが、通常の礼拝の参加は一般の方でも自由との事です。気軽に参加してみてください。

クリスマスを過ごす熊本のおすすめ教会5選その5:合志教会

最後5つ目にご紹介するのは合志教会です。

こちらは日本で最もはじめに作られたルーテル教会の会堂を移築して建てられた教会。由緒がありかつ非常に美しい教会になっています。

合志教会(プロテスタント)

  • 住所:〒861-1101 熊本県合志市合生3937
  • 電話:096-242-1772

こちらも今年のクリスマスのイベントは現在未定となっています。

はじめてのクリスマスミサ!参加の作法は?

ここまでおすすめの教会を5つご紹介してきました。では実際クリスマスに教会に行くとなると以下のようなことが気になってきますね。

  • そもそもキリスト教徒以外の人が参加していいの?
  • 参加のときのマナーは?
  • お金はかかるの?
  • どな服装で参加すればいいの?

わからないと心配になることはいろいろありますが、実はそれはほとんど心配いらないんです。何もわからないと不安のもとなので、それでは少し要点をおさえていきましょう。

キリスト教には大きく分けてカトリックプロテスタントという2つの宗派があります。

(元からあったのがカトリックで、宗教革命でプロテスタントが新しく誕生した。と今回は覚えておけば大丈夫。)

またカトリックの祭儀ことを「ミサ」、プロテスタントでは「礼拝」と呼びます。

今回テーマのクリスマスも本来は 「Christ(キリスト)+mas(礼拝)」のことを意味します。ですからクリスマスに教会にいくことはとても自然なことなのかもしれませんね。

ミサも礼拝も基本的なプログラムは同じです。

入場から始まり 聖書朗読、説教、聖歌、祈りの儀式などがあり 退場という流れになります。参加者はそれに合わせて聖書朗読に復唱したり、聖歌に合わせて合唱、儀式に合わせて立ったり座ったりすることになります。

受付でプログラムや儀式、最低限のマナー等説明をしたリーフレットを用意してくれている教会も多いですからそれらを活用するのがいいでしょう。

お金について

ミサ、礼拝の参加には基本お金はいりません。

また儀式の途中で寄付の袋が回ってくることもあるかもしれませんが、こちらも絶対に寄付しないというものではありません。

寄付は絶対ではありませんがいい体験ができましたという感謝の気持ちで、少額でもいいので寄付して次へ回すのがクリスマスの思い出としては素敵かもしれませんね。

服装について

服装についても特に決まりごとはありません。

教会はあくまで信仰の場なのでおしゃれすぎる格好は避け、清潔感のある普段着で心がけましょう。

教会は暖房がついてないところがほとんどなので、どちらかというと防寒対策という意味で着るものは考えたがいいかもしれません。

キリスト教徒以外の参加について

ミサや礼拝は普段から信者以外の人も広く受け入れています。さらにクリスマスのミサや礼拝はデートの定番となっていることからこの時期の参加者の3割がキリスト教徒以外とも言われています。

 

作法といってもさほどハードルは高くありませんね。

また普段から広く開かれている教会ですが特にクリスマスは私たちが思うよりさらにオープンです。クリスマスのぜひ教会に足を運んでみてください。

まとめ

今回は「熊本の教会でクリスマスを過ごそう!おすすめ場所5選とミサ参加の作法は?」というテーマでご紹介してきました。

 

♦クリスマスを過ごす熊本のおすすめ教会5選 

  • その1:大江教会
  • その2:熊本白川教会
  • その3:神水(くわみず)教会
  • その4:武蔵ヶ丘教会
  • その5:合志教会

♦はじめてのクリスマスミサ!参加の作法は?

  • 普段のミサ(礼拝)もキリスト教徒以外の参加自由。クリスマスの参加者の3割はキリスト教徒以外。
  • 参加にお金はかからない。寄付も絶対ではない。
  • 服装も決まりはない。清潔感のある普段着で大丈夫。

以上。今回の記事のおさらいでした。

私にとって友達に誘われてはじめて行ったクリスマスの教会は光や音楽に包まれヨーロッパの絵画のようで、非常に美しいクリスマスの思い出となりました。

この記事を読んでくださったあなたも今年のクリスマスはぜひ教会のミサに参加してみてはいかがでしょうか。きっと素敵な体験と特別な思い出になりますよ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました