成人式を迎える人へのお祝いの言葉の例文!送るタイミングと方法は?

成人式

  • 「成人式を迎える身内へのお祝いの言葉が思い浮かばない…。」
  • 「成人のお祝いの気持ちを伝えたいのに上手く書けない!」
  • 「お祝いの言葉やプレゼントっていつ渡せばいいの?」

成人式を迎える身内に送るお祝いの言葉ってなかなか難しいですよね。失礼になってはいけないのでかなり悩みます。

しかし、この記事を読めばスラスラと成人式のお祝いの言葉を書けるようになりますよ!!

この記事では以下の4つを、実際に体験した方の声をふまえながら解説していきます。

  • 成人式のお祝いの言葉を書くポイント
  • 【立場別】成人式のお祝い言葉の例文集
  • お祝いを送るタイミングと方法
  • お祝いのおすすめの品5選と相場

3~4分くらいで読める記事ですが、読み終わるとお祝いの言葉が頭に浮かんでいますよ。

それではさっそくいきましょう!

成人式のお祝いの言葉を書くポイント!

成人式のお祝いの言葉を書くポイントは3つあります。

お祝いの言葉を書くポイント

  1. 自分が成人を迎えた頃の気持ちを思い出す
  2. 成人した方の長所を考える
  3. どのような大人になってほしいか、未来について考える

この3つのポイントを考えながら書くと、自分の気持ちが伝わる魅力的な文章になりますよ。

それぞれ詳しく説明していきます。

①自分が成人を迎えた頃の気持ちを思い出す

あなたがすでに成人の場合、自分がどんな気持ちで成人を迎えたのか思い出してみましょう。

  • 夢に向かって頑張っていた
  • 大人の仲間入りができて嬉しかった
  • 仕事が忙しくて大変だった

など、感じていたことがあるはずです。

今のあなたが当時の自分に何と言葉を送るかを考え、その言葉を現在成人を迎える方に送ってあげればいいのです。

そうすれば、自然と相手の心に寄り添った素敵な文章を書く事ができます!

②成人した方の長所を考える

成人する方の長所を考え、それを褒めてあげるのも良いです。

20歳はまだまだ自分に自信がなく、自分の長所や自分だけの魅力を探している時期です。どうしても人と比べてしまい落ち込むときもあります。

そんな時期に長所や魅力を言葉で伝えられると自信につながります。

このような節目がないとなかなか言葉では伝えづらいので、この機会に長所・魅力・尊敬している点などを伝えてあげましょう。

③どのような大人になってほしいか、未来について考える

あなたが成人式を迎える方にどのような大人になってほしいのかを伝えましょう。できれば、具体的に伝えると良いです。

例えば、「素敵な大人になってください」といっても「素敵な大人」とはどんな大人なのでしょうか。「素敵」は人によって意味が異なります。

なので、「夢に向かって頑張る大人」「家族を大切にする大人」「人を思いやれる大人」など、具体的にどんな大人になってほしいのかを言葉で表現しましょう。

ただし、プレッシャーをかけるような言葉は避けましょうね。

お祝いの言葉の長さはお祝いの品と一緒に贈る場合はメッセージカードに収まる長さがちょうど良いです。お祝いの言葉のみを贈る場合は、便箋1枚~多くても2枚が良いでしょう。

「上手く書けない…」と思っても、ポイントをおさえ、心を込めて書けばあなたの気持ちは相手に必ず伝わります。安心してください。

【立場別】成人式のお祝い言葉の例文集!

成人式のお祝いの言葉を書くポイントを含めて、実際に使える例文を作ってみました!

成人を迎える方との関係別になっています。例文を参考にお祝いの言葉を考えてみてください。

例1:

成人おめでとう。無事に成人式を迎えることができてとても嬉しく、安心しています。明るく元気な○○だから、これからの人生も楽しく歩めるでしょう。陰ながら応援しています。

例2:

成人おめでとう。あんなに小さかった○○が立派に育ってくれて感激しています。ありがとう。コツコツ努力ができる○○なので、どんな困難も乗り越えていけます!自分に自信をもって、これからの人生も楽しんでください。

兄弟

例1:

成人おめでとう!大人への第一歩です。自分で責任を取らないといけなくなるけど、何かあったときはいつでも相談にのるからね!また一緒にお酒を飲みましょう!!

例2:

成人おめでとう!いつでも私の目標だった○○。これからも自慢できる最高の兄でいてね。夢に向かって頑張れ!応援してるよ!!

祖父母

例1:

ご成人おめでとうございます。家族や友人に恵まれ、優しい子に育ったことを嬉しく思います。これからも周りの人を大切に立派な大人になってくださいね。応援しています。

例2:

ご成人おめでとうございます。いよいよ大人の仲間入りですね。悩みながら、一歩一歩自分の人生をしっかりと歩んでいってください。

伯父伯母・叔父叔母

例1:

成人おめでとう!これから辛いことがたくさんあるかもしれませんが、周りの人に助けてもらいながらしっかりと生きていってください。

例2:

成人おめでとう!いつまでも心優しい○○ちゃんでいてください。これからの活躍を期待しています。

お祝いを送るタイミングと方法は?

お祝いの言葉や品物を送るタイミングは、渡す手段によって変わります。

配送や電報の場合は成人式の当日か前日が良いです。日時指定をして確実に届くようにしましょう。ただし、成人式当日に使ってもらいたい物を贈る場合は、少なくとも1週間前までには贈りましょう。

また、「手渡ししたい!」という場合は成人式の日は避けるようにしたほうが良いです。なぜなら、成人式当日は準備などで朝から忙しい可能性が高いからです。ちなみに、私は美容院と振袖の着付けが朝5時からでした…。

なので、お正月などの顔を合わせる機会に渡すか、別日に約束をし、渡すようにしましょう。

万が一、成人式を過ぎて渡すことになったとしても問題はありません。

「遅くなりましたが」と、ひと言加えて贈ればOKです。遅れてもお祝いの気持ちはとても嬉しいですよ!

おすすめのお祝いの品5選!相場はいくら?

おすすめのお祝いの品といっても何を贈ればいいのか迷いますよね。

そこで、おすすめのお祝いの品を5つご紹介します。

おすすめのお祝いの品5選

  1. 社会に出ても使えるアイテム
  2. ネクタイ(男性)
  3. アクセサリー(女性)
  4. お酒
  5. 現金・ギフトカード

相手の欲しいもの、好みのものを知っていればそれを贈るのもアリです。

①社会に出ても使えるアイテム

社会人になると学生時代には使わなかったものが必要になります。

例えば、

  • 良い腕時計
  • 名刺入れ
  • 良いボールペン
  • 万年筆
  • 手帳
  • 通勤カバン

などです。

腕時計やボールペンは学生時代にも使っている可能性があります。なので、質の良いものを選ぶと喜ばれますよ。

特に、親からの贈り物は一生の記念になるものや長く愛用できるものがおすすめです。

腕時計はもちろん、本革の手帖や通勤カバン、万年筆も良いですよ!

②ネクタイ(男性)

贈る相手が男性の場合はネクタイもおすすめです。立派な社会人になることを応援する気持ちが伝わりますよ。

ネクタイはその日の気分で選ぶので何本あっても困りません。たとえスーツを着ない職場だとしても、成人式当日に着けてもらえるのでOKです。

③アクセサリー(女性)

贈る相手が女性の場合はピアスやネックレスなどのアクセサリーがおすすめです。

アクセサリーは素材とデザインを選べば長く使ってもらえます。ひと粒真珠やひと粒ダイヤなどを使ったシンプルなデザインのものであれば、歳を重ねても見劣りしません。

また、真珠のネックレスとピアス(イヤリング)もおすすめです。

昔は「花嫁道具」の一つでしたが、近年では「20歳の記念」に贈る方が増えています。真珠のネックレスは「お守り」の意味を持つので、未来を幸せに導いてくれます。

大人の女性のたしなみとしても必要なものなので重宝されますよ。

私も成人のお祝いに真珠のネックレスとピアスのセットを両親からもらいました。冠婚葬祭いつでも使えるので、一生ものとして大事にしています。

④お酒

新成人と一緒に楽しみたい場合はお酒がおすすめです。

新成人はまだ良いお酒を知らなかったり、手が届かなかったりするので喜ばれます。また、成人になったからこそできることなので「成人の仲間入りができた」「大人になったなぁ」と感じられます。

贈ったお酒を飲み交わしながら話をすると、自分にとっても相手にとっても一生の思い出になりますよ。

⑤現金・ギフトカード

どうしても思い浮かばない場合は現金やギフトカードを送りましょう。実は一番喜ばれます。

現金やギフトカードを送るときには、お祝いメッセージに「社会人として必要なものを買ってほしい」「記念品を買ってほしい」など、どんなものに使って欲しいのかを書いておくと良いですよ。

そして、気になるのはプレゼントの金額の相場です。相場は新成人との関係によって変わります。

プレゼントの相場

  • 親:10,000~100,000円
  • 兄弟:10,000~20,000円
  • 祖父母:10,000~50,000円
  • 伯父伯母・叔父叔母:10,000~20,000円

親・祖父母の場合は新成人では買えないような、上質な品を送ることが多いです。

兄弟や伯父伯母・叔父叔母の場合は、日常でも気軽に使えるような品が選ばれています。

まとめ

<成人式のお祝いの言葉を書くポイント>

  1. 自分が成人を迎えた頃の気持ちを思い出す
  2. 成人した方の長所を考える
  3. どのような大人になってほしいか、未来について考える

上記のポイントをおさえ、気持ちを込めて書けば相手に思いが伝わります。

お祝いの言葉や品物を送るタイミングは、渡す手段によって変わります。

配送や電報の場合は成人式当日もしくは前日に指定しましょう。ただし、成人式当日に使ってもらいたいものを贈る場合は、成人式の一週間前には届くようにしましょう。

手渡しの場合は成人式当日は避け、お正月や別日に約束をして渡しましょう。

万が一、成人式までに間に合わない場合は「遅くなりましたが」と、ひと言加えて渡せば問題ありません。

<おすすめのお祝いの品5選>

  1. 社会に出ても使えるアイテム
  2. ネクタイ(男性)
  3. アクセサリー(女性)
  4. お酒
  5. 現金・ギフトカード

相手の欲しいもの、好みのものを知っていればそれを贈るのもアリです。

贈り物の相場は、

  • 親:10,000~100,000円
  • 兄弟:10,000~20,000円
  • 祖父母:10,000~50,000円
  • 伯父伯母・叔父叔母:10,000~20,000円

となっています。参考にしてください。

成人式は一生に一度しかないお祝いです。相手に喜んでもらえるように気合を入れて考えましょう。とは言っても、相手を思いながら考えることが大切なので、少しくらい失敗しても大丈夫です。

成人式を迎える方は必ず気持ちを受け取ってくれますよ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました