PR

第一志望不合格となった子供に贈るメッセージは?中学受験・高校受験・大学受験

受験をすれば、合否があるのは当たり前です。

一生懸命頑張った我が子が、第一志望不合格になったら、なんと励ましたらいいのか?親として子供に贈るメッセージは?

努力してきた姿を、見てきた親としては、子供の合格を心から願っています。しかし、受験は合格の人もいれば、不合格の人もいるのが現実です。

子供にとっては、第一志望不合格になれば人生終わったと思う子もいます。

私自身も、受験に失敗しすごく落ち込んだ過去があります。受かった友達に嫉妬をし、これからの未来に子供ながら不安を感じていました。第一志望不合格を経験したからこそ、ダメだった時の気持ちは痛い程わかります。

この記事を読めば、第一志望不合格になった子供へ贈るメッセージが見つかりますよ。

  • 第一志望不合格になった子供の心境は?
  • 第一志望不合格の中学受験生にかける言葉
  • 第一志望不合格の高校受験生にかける言葉
  • 第一志望不合格の大学受験生にかける言葉

さっそくみてみましょう。

第一志望不合格となった子供の心境は?

第一志望不合格となれば子供は、すごく落ち込みます。人生経験の少ない子供からしたら、不合格はとても辛いです。

自分は社会から必要とされない人間なのではないかと、ネガティブな気持ちになります。

  • 自分はダメな人間だ
  • 自分の可能性に対して自信を無くす
  • 不合格=負け組

第一志望不合格になった結果を、いくら悔やんで落ち込んでも、現実はかわることはないです。受験が上手くいかず、子供が不要なコンプレックスを抱いてしまうと、親は悲しくなります。

不要なコンプレックスを抱えないためにも親として、精一杯のメッセージを送りたいですね。

第一志望不合格となった子供も言われたくない言葉があります。

努力して頑張ったけど結果が伴ってこない時、一番つらいのは、受験に失敗した本人です。その時に親の声掛けが、これからの人生の影響をもたらす可能性もあります。

子供の心理を知り、気持ちを考えた発言が大切です。

「なんで落ちてしまった」答えのない問いをしてしまえば、子供は傷つきます。一番そう思っているのは受験した本人です。

「勉強がたりない」「遊んでばかりいるから」など落ちてしまった結果だけにフォーカスした発言は子供は聞きたくないです。

不合格になった子供も言われたくない言葉があります。受験の失敗をいくらせめても、不合格でしかないです。

この時の親の言葉が、これからの人生を左右させます。どんな結果だったとしても、次につながるように子供に前向きな言葉を贈りましょう。

私は受験に失敗した時、親に申し訳ない気持ちでいっぱいになりました。高い塾代、夜遅くまでの送り迎えや、夜食の準備。

たくさん協力してもらったのに、自分は結果を出せず、申し訳ない気持ちと、悲しい気持ちで落ち込みました。

第一志望不合格となった子供にかけるべき言葉は?

落ちた結果にフォーカスせず、頑張った過程をほめてあげましょう。親は、同志であり、子供にとっての一番の味方です。

第一志望不合格の子供にかける言葉は

  • 頑張ったね
  • お疲れ様
  • 残念だったね

結果がどうであれ子供が、一生懸命頑張った過程を褒めてあげる気持ちが大事です。多くの言葉を語るより、一言伝え優しく抱きしめてあげるだけでも十分です。

受験が上手くいかなかったけど、「得たものはたくさんあった」と思い、この先子供が、自信を持てるように親としてサポートするのが大切です。

頑張った子供に、言ってはいけない言葉がありますよ。相手は子供でも、傷つける言葉を言ってはダメです。

第一志望不合格の子供に言ってはいけない言葉

  • 落ちるなら受けなければよかった
  • もっと勉強すればよかった
  • 努力がたりない

親は同志であるため、子供の頑張った姿を認めてあげる必要があります。一緒に落ちた結果を追及するのは先生の仕事です。

落ちた結果をせめたり、態度に表して子供を悲しませる姿勢はあってはならないのです。大切なのは結果ではなく、頑張った過程

挫折を経験したからこそ、その悔しさをバネに次につなげる子は思いがけない力を発揮します。マイナスな発言は第一志望不合格の子供には必要ないですよ。

私も受験を失敗した時、親に「ダメだった」と伝え、返事が「そっか、仕方ないね」と、一言で終わりました。

その日の夜は、私の好きな物を食べようと家族で食卓を囲みました。受験の失敗を攻められる言葉はなく、自分で気持ちの整理をし、滑り止めの学校に通いました。

言葉がなくても、優しく見守ってくれるだけで、子供は嬉しいですよ。

中学受験の第一志望不合格にかける言葉は?

小学生の子供は第一志望不合格になると、落ち込みます。遊びたい気持ちを我慢して、一生懸命やった結果がダメだと落ち込みます。

この時に親が子供を攻めれば一生、親子関係が崩れてしまいます。自分を肯定してくれる、言葉をかけてもらえば自己肯定感がもてるのです。

小学生の子供にどんな言葉をかければよいのでしょうか!3パターンで説明します。

第一志望不合格、滑り止めが合格している場合

第一志望不合格で、滑り止めが合格している場合でも、希望していなかった学校に行けないとなれば子供は落ち込みます。

ですが、第一志望不合格でも、「一生懸命頑張ったね」と褒めてあげる姿勢が大事です。滑り止めに合格している場合は、気乗りしない学校に行くか迷うケースもあります。

公立校の学校よりも、中高一貫校での方が大学受験には有利です。

一度悔しい思いをした子供は、中学受験の失敗をバネにしっかり勉強し、リベンジする子も多いですよ。

親として頑張った過程を認めてあげ、これからまた新たな気持ちで頑張れるように背中をおしてあげましょう。

第一志望不合格、まだ受験が残っている場合

第一志望不合格でも、まだ次が残っています。

希望していた学校がだめでも、第二志望、第三志望と気持ちを切り替えて受験に励んで欲しいです。

「頑張ったね」「心機一転、また頑張ろう」

次の受験のためにも、親も子供も気持ちを切り替えるのが大切です。間違っても「同じ失敗をしたらダメよ」とプレッシャーをかける言葉はダメですよ。

第一志望も含め全落ちの場合

すべて不合格になった場合は、一般の公立校に行きます。どんな結果だったとしても、頑張った過程を褒めてあげましょう。

「お疲れ様」「がんばったね」と一言伝えるだけでも子供は報われます。中学受験は、通過点でしかないのです。

高校受験をまた頑張ればいいのですから、気分一新、頑張れるように子供をサポートしてあげるのが親の役割です。

他の子が経験していない中学受験をした過程は子供を成長させますよ。

小学生のお子さんは第一志望不合格になると、落ち込みます。ですが、しばらくたつと、驚くほどけろっとしている子が多いです。

第一志望がダメでも、第二志望、第三志望、もしくは公立校に行って楽しく学校生活を送ります。悲しみはいつまでも続きませんよ。

中学受験は通過点でしかないのです。

合格しても、不合格でもどんな結果だったとしてもチャレンジした過程をほめてあげましょう。

高校受験の第一志望不合格にかける言葉は?

高校受験に失敗すれば親としてどんな風に声をかければいいのか悩みます。

高校受験は、義務教育が終わり、自分で進路を決める子が多いです。中学受験とは違い、ほとんどの人が受験をします。

そんな中、仲の良いメンバーで自分だけが不合格になり落ち込んでしまう子もいます。

高校受験の第一志望不合格にかける言葉は?3パターンで説明します。

第一志望不合格、滑り止めが合格している場合

第一志望校に合格できなかったとしても、努力し頑張った過程を褒めてあげましょう。

子供の努力している姿は、ずっと見てきたはずです。

「結果がダメでも頑張った。」

落ち込みが大きいと1人になりたいと思う子もいます。そんな時は、親は口出しせずにそっとしておいて「残念だった」「お疲れ様」の一言でとどめておきましょう。

第一志望不合格、まだ受験が残っている場合

第一志望不合格でも、まだ受験が残っている場合は、気持ちを切り替えるためにも、背中を押してあげましょう。

「お疲れ様」「次、またがんばろう!」と前向きな言葉をかけてあげたいですね。

一言かけてあげるだけでも、子供の気持ちは楽になりますよ。

第一志望も含め全落ちの場合

全落ちした場合は「落ちたことが信じれない。」「社会から必要とされていない」「頑張っても、意味がない」などマイナスに気持ちを持ってしまいます。

高校に進学しなくても、高卒認定試験を受ければ高卒者と同じように大学に行く道もあります。

子供が現実を取り戻す、時間をたっぷりあたえ落ち着いたら、これからの話していきたいですね。高校受験を失敗しても、そこで人生が終わると思う必要はないです。失敗しても選択肢はたくさんあります。

落ちた結果をせめず、頑張った過程を認め、気持ちが落ち着いたころにこれからの未来の話をしていくのが大切です。

私自身も、高校受験は失敗に終わりました。

学校や塾では、合格おめでとう会が開催され、残念ながらその会には参加できなかった苦い思い出があります。

自分の望んだ高校に行けなくても、そこでなにをするかが大切です。私自身は、現実を受け入れるのにそんなに時間はかかりませんでした。しかし、子供によれば時間がかかる子もいます。

親が攻めたり、落ち込んだりせず優しく見守り、ゆっくりとこれからの未来に背中を押してあげましょう。

大学受験の第一志望不合格にかける言葉は?

大学受験に失敗すれば人生終わったと思う子も多いです。

大学受験に失敗しても、そこですべてが終わると思う必要はないですが、本人はすごくショックを受けています。

親として、どんな言葉をかけていいのかわからなくなります。

大学受験生の不合格にかける言葉は?3パターンで説明します。

第一志望不合格、滑り止めが合格している場合

第一志望不合格で、滑り止めが合格している場合も、頑張った過程を褒めてあげたいですね。

「お疲れ様」「頑張ったね」と一言伝えるだけでも、子供の気持ちは報われます。

大学はお金がかかるため、滑り止めについても、行く、行かないの意思もはっきり確認しておく必要があります。

大切なのは、本人の気持ちです。あたたかく、見守ってあげるのが一番です。

第一志望不合格、まだ受験が残っている場合

第一志望不合格でも、まだ受験が残っているのなら、ダメだった結果を否定せず、次につなげれるように前向きな言葉をかけてあげましょう。

「お疲れ様」「気持ちを新たに頑張ろう」と焦った姿を見せずに自然に伝えるように心がけます。

親の態度は、子供にも敏感に伝わりますよ。

第一志望も含め全落ちの場合

全落ちしてしまえば、これからの生活を子供と一緒に話し合わなくてはいけません。

浪人するにも、予備校に通う学費やこれからの生活費。就職、専門学校と選択肢はたくさんあります。

できる限り、子供の意思を尊重するためにも、あたたかく話を聞き、否定せず、しっかりとお金の話をしてくのが大切です。ですが、一番最初に受験に挑戦した過程を褒めてあげましょう。

一言「お疲れ様」「頑張ったね」「残念だったね」と声をかけてあげ、これから先のことは本人の気持ちが落ち着いた時に、話し合う時間を作るのが大切です。

大学受験は、高校受験や中学受験とは違い、これからの人生に大きく関わってきます。

第一希望不合格や、ましてや全落ちしてしまえば、自分はダメな人間、だれからも必要とされない、人生終わったなど気持ちも落ち込みます。

どんな結果でも、頑張った過程は変わりありません。

頑張った過程を認め、本人の気持ちが落ち着いたころに、これからのことを話し合いましょう。親が落ち込んだり、態度に出してしまえば子供の傷はさらに深くなります。

人生は長い!少しぐらい遠回りしても素敵な未来が開けますよ。気持ちを大きく、子供の人生が幸せになるようにサポートしていきたいですね。

まとめ

  • 第一志望不合格になった子供の心境
  • 第一志望不合格の中学受験生にかける言葉
    • 第一志望不合格、滑り止めが合格している場合
    • 第一志望不合格、まだ受験が残っている場合
    • 第一志望も含め全落ちの場合
  • 第一志望不合格の高校受験生にかける言葉
    • 第一志望不合格、滑り止めが合格している場合
    • 第一志望不合格、まだ受験が残っている場合
    • 第一志望も含め全落ちの場合
  • 第一志望不合格の大学受験生にかける言葉
    • 第一志望不合格、滑り止めが合格している場合
    • 第一志望不合格、まだ受験が残っている場合
    • 第一志望も含め全落ちの場合

受験を失敗し、挫折を味わった人間は必ず強くなります。苦しんで乗り越えたからこそ、人は成長し、新しい未来に向かって歩くことができるのです。

悔しい気持ちを忘れず、いつか、「あの失敗があったから、今こうして笑って過ごしている」と思える日が来るように、親として子供に暖かいメッセージを贈りたいですね。

子供が苦しんでいる姿は、親として見るのはとても辛いです。失敗したからと、何もメッセージを送らなければ子供に笑顔は戻りませんよ。

親が自分の味方でいてくれることは、子供にとって活力になります。

どんな結果になっても、子供を暖かく見守り頑張った過程を褒めてあげ、次に繋げれる前向きな言葉をかけてあげましょう。

■こちらも読まれています。
・ 不合格になった人にかける言葉メール・LINE例文!子供・友達・知人の子・親戚など
・ 中学受験に不合格になった子供にかける言葉まとめ!第一志望に落ちた場合は?
・ 受験を失敗した時の親の対応ガイド!励ましの言葉はいつかける?

タイトルとURLをコピーしました