12月のビジネス挨拶例文集!季語がない場合の書き方は?

12月に入り冬も本番といった感じですね。12月といえば、1年の締めくくりの月になりますね。ビジネスの場面では年末にもなると1年の感謝の気持ちを込めて手紙やメールを贈ることも多いのではないでしょうか。

しかし、社会人になったばかりの方にとってはこんな悩みがあるのではないでしょうか。

  • ビジネス挨拶文のそもそもの書き方が分からない
  • 初めて書くので相手に失礼にならないか心配
  • どんな季語を使うのが正解?

私も営業職時代は12月になるとクライアントにメールや手紙を送るときに、書き方やマナーが分からなくて苦労をしたのを覚えています。

この記事では私の営業時代に上司や先輩に聞いた情報やさまざまなサイトでリサーチをした内容を踏まえて、「ビジネス挨拶文の書き方・マナーが分からない!」という悩みの解決をします。

今回は社会人になりたての方が悩む「季語の使い方・ルール」「基本的な書き方・NGな言葉」を解説したうえで12月に使えるビジネス挨拶文例を紹介します。

これでビジネス挨拶文の書き方・マナーはバッチリです。安心してビジネス挨拶文を贈ることができるようになりますよ。

ビジネスで使える12月の季語一覧!

ビジネスの場面で使う挨拶文は季語を入れた挨拶文が基本です。とはいっても「どんな季語があるの」と疑問に思いますよね。

そこで今回は季語の例を一覧にしました。意味を理解したうえで、その場面に合った季語を選びましょう。

12月の季語一覧

  • 師走(陰暦で12月の意味)
  • 年末(その年の終わりの時期)
  • 歳末(年の暮れ)
  • 初冬(冬の初め)
  • 寒冷(寒く、冷ややかなこと)
  • 歳晩(年の暮れ、年末)
  • 冬至(二十四節季の一つ)
  • 厳冬(冬の寒さが厳しいころ)
  • 初霜(その年の最初に降りる霜)

季語の使い方とルール

「時候の挨拶」→「○○の候、ますます~」が一般的

季語を「時候の挨拶」で入れ、季節に合った言葉を入れた挨拶がビジネスでは好まれます。季語は○○のところに入れて使います。季節感のある文章を贈りましょう。

季語を使わない挨拶文はアリ?

基本的にはナシですが、一部のケースのみアリです。ビジネス上の挨拶文ですので、基本的には季語を使うべきとされています。ただし、至急の内容であれば問題ないとされています。

至急の内容の場合

  • 頭語→「急啓」「急白」など
  • 結び→「早々」「敬具」

至急を要する場合は上記のような構成で挨拶文を作成しましょう。

ビジネス挨拶文の基本構成やマナーは?

ビジネス挨拶文の基本構成

  • 「頭語」で始まる→「拝啓」等
  • 「時候の挨拶」→「○○の候、ますます~」が一般的
  • 「結び」→「敬具」等

ビジネス挨拶文の基本構成は上記のとおりです。「拝啓」で始まり、「時候の挨拶」と続き、本文、「敬具」で終わる文が一般的です。

(例)

拝啓

師走の候、ますますご健勝のこととお慶び申し上げます。

敬具

ビジネス挨拶文のマナー

ビジネス挨拶文を贈るときのマナーとしては2つです。

  • 相手がマイナスに受け取る言葉は避ける
  • 季節に合った季語を入れる

相手がマイナスに受け取る言葉は避ける

ビジネス挨拶文では相手がマイナスに受け取る言葉は避けるべきです。相手のことを考えて、相手が嫌になるような言葉は避けましょう。

例えば、「別れる」「離れる」「切る」のように言葉自体がマイナスの印象を与える言葉です。

自分が手紙やメールを受け取るときにマイナスな気持ちになるのは嫌ですよね。自分が贈るときも同じです。気持ちの良いやり取りを心がけましょう。

季節に合った季語を入れる

ビジネス挨拶文に季語を入れることはマナーの一つです。

季節感のある挨拶文は受け取る側としてもうれしいことです。12月であれば、「師走の候、ますます~」などが好まれるでしょう。季語を正しく使って季節を感じることができる挨拶文を贈りましょう。

ビジネスで使える12月の挨拶文例5選

ここまでビジネス挨拶文の基本的な構成やマナーを紹介しました。

基本的なことを覚えたからといって、いきなり文章を作るのは難しいですよね。そこで今回は12月の挨拶文例5つ紹介します。これで12月の挨拶文はバッチリです。

  • 師走の候、貴社のますますのご清栄をお慶び申し上げます。
  • 歳末の候、皆さまのますますのご健勝をお慶び申し上げます。
  • 冬至の候、ますますのご隆昌のこととお慶び申し上げます。
  • 師走の候、皆さまのますますのご発展をお慶び申し上げます。
  • 年末の候、皆様におかれましてはご清栄のこととお慶び申し上げます。

ビジネスで使えるコロナ禍の12月の挨拶文例5選

2020年より新型コロナウイルスの感染拡大が広がっており、WITHコロナの中で生活が強いられています。その中で、ビジネスの挨拶文でも現在の時節柄も踏まえた文章を贈ることができれば好印象、間違いなしです。

新型コロナの話題に関しては文末で触れると違和感なく、すっきりとした文章になるでしょう。コロナ禍で使える挨拶文を5つ紹介します。

  • 時節柄、先を見通しづらい中ではございますが健やかに過ごせるようお祈り申し上げます。
  • このような状況ではありますので、くれぐれもご自愛ください。
  • このような時節柄、ご不安な点もあるかと存じますが全力でサポートをいたします。
  • 状況は大変苦しい中ですが、一刻も早く今までの日常を取り戻せることをお祈りいたします。
  • 時節柄、感染拡大の不安がありますがくれぐれもご自愛ください。

返信があった場合の返答方法は?

返信があった場合は基本的に返答をしましょう。

目上の人や取引先が相手の場合は最後の送信・送付が自分になるのがマナーです。例えば、「自分→相手→自分」のようになるようにしましょう。

返答の文章に関しては返信をくれた感謝の言葉を入れるのが一般的です。

  • ご返信いただきありがとうございます。引き続きよろしくお願い致します。
  • ご返信いただけたこと嬉しく思います。くれぐれもご自愛ください。
  • ありがたいお言葉、たいへん嬉しく思っております。○○様もくれぐれもご自愛ください。

もし宛先やあて名を間違ってしまった場合は?

「宛先やあて名を間違って、送ってしまった」、社会人になりたての方はそんなミスも多いですよね。私も新人の時は宛先・あて名のミスは何度も経験あります。そんなときにどんな対処方法があるのか紹介します。

宛先・あて名を間違えてしまったら、謝罪の手紙やメールを贈りましょう。名前を間違えてしまうことは大変失礼に当たることです。すぐにお詫びをするべきです。

お詫び文のポイント

  • 誠実かつ素直に!
  • 件名でお詫びだということが分かるようにしよう!
  • なぜ間違えてしまったかを明記する

上記にお詫び文のポイントをまとめましたが、簡潔で謝罪の気持ちが伝わることが大切です。誠実に対処しましょう。

まとめ

 

  • 季語は「時候の挨拶」に入れ、季節を感じられる文章を心がける
  • 拝啓で始まり、時候の挨拶、本文、敬具で終わる挨拶文が一般的
  • 文末は「ご自愛ください」が無難で使いやすい
  • 返信があった場合は基本的に返答するのがマナー
  • 宛先・あて名を間違えた場合はお詫び文を贈る

今回はビジネス挨拶文の書き方やマナーを紹介しました。

ビジネス挨拶文と聞くと「難しそう」「書けるかな?」と不安な気持ちになりがちですが、今回紹介した内容を踏まえて書くことができれば、社会人として印象の良い挨拶文を贈れますよ。

まず、もう一度ゆっくりと今回の記事を読んでいただき、深呼吸をして書き出してみましょう。緊張せずに基本に忠実に書くことができればきっと良い挨拶文が送れます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました