12月のカジュアルな挨拶文例5選!季語はどうする?マナーは? 

12月は寒さも本格化し、すっかり冬を感じる時期ですよね。

クリスマスのような楽しいイベントもあれば、年末で慌ただしさも感じるような月ですね。12月になると1年の感謝の気持ちを込めたメールや手紙などを贈る場面も増えますよね。

挨拶文を書く場面はさまざまあると思いますが、相手や状況によって文面を変えるといいでしょう。関係性もよく、あまりかしこまった関係でなければカジュアルで親しみのある挨拶文を贈るのが良いです。

しかし、社会人になったばかりの方はいままでそういった経験がなく、「どんなことを書いたらいいの?」と悩むことも多いかと思います。最初は緊張しますし、不安も多いですよね。

そこで、今回は社会人になりたての方向けにカジュアルな挨拶文の書き方を紹介します。

そもそもカジュアルな挨拶文とは

そもそもカジュアルな挨拶文とはどんなものでしょうか。そして、かしこまった挨拶文とカジュアルな挨拶文はどんな違いがあるのでしょうか。

かしこまった挨拶文とは、その名の通り丁寧できっちりとした文章がイメージできますね。例えば、拝啓で始まり、「○○の候、ますますの~」のように時候の挨拶が入っており、本文、結びといったきちんとした構成で作成をされている文章はビジネスの場面で多く使われるようなかしこまった文章といえるでしょう。

反対にカジュアルな挨拶文は、親しみのある形式ばらないような文章です。ある程度関係性のできている相手であればカジュアルな挨拶文の方が好まれることが多いです。

関係性が親密であるのにかしこまった文章を使うと相手はちょっと引いてしまいますよね。反対に関係性ができていないのにカジュアルな文章を使ってしまうとマナーがなっていないなと思われてしまいかねないです。

つまり使い分けが大事なのです。

12月のカジュアルな例文! ビジネスや学校編

ビジネスや学校などの関係性であれば、カジュアルの文章とはいいつつ、失礼のないように注意しながらある程度しっかりとした文章を書かなくてはいけないですよね。

かしこまった文章ではなく、カジュアル過ぎず、この塩梅が非常に難しいですが、ビジネスや学校の関係性で使えるような例文をいくつかまとめました。

相手別の挨拶文例ビジネスや学校編(顧客)

  • 12月になり、寒さも本格的になりましたが○○様もご自愛ください。
  • クリスマスが近づき、街はきらびやかな装飾になっていますね。
  • 年末が近づき慌ただしくなる時期ですが、お元気でしょうか。

相手別の挨拶文例ビジネスや学校編(上司)

  • 12月も中旬、最近冷え込んできておりますので、体調管理には十分注意したいものです。
  • クリスマスも近づいていますが、私は何も予定がなく寂しい毎日を過ごしております。
  • 年末が近づき、慌ただしい中ですがお元気でしょうか。

相手別の挨拶文例ビジネスや学校編(先生)

  • 12月になり受験シーズンに突入する中ですが、ご体調の方はいかがでしょうか。
  • 年末も近づき、休みに入りますが気を抜かずに過ごしたいものです。
  • 寒さも本番、受験も本番といったところですが、お元気でしょうか。

12月のカジュアルな例文! 家族・親戚編

家族や親戚はビジネスや学校よりもよりカジュアルな文章が良いでしょう。

親密な関係性であることからくだけた感じや親密さが伝わるような文章を作れるといいですね。家族や親戚に贈るカジュアルな挨拶文もいくつかご紹介します。

相手別の挨拶文例家族・親戚編

  • すごく寒い日が続いているけど、体調には気を付けてください。
  • コロナウイルスの影響でしばらくは実家に帰れなかったけど、今年は帰りたいですね。
  • クリスマスはどのように過ごしますか?自分は一人寂しく過ごします。

12月のカジュアルな例文! 友人・知人編

友人や知人に関しても家族や親戚同様に親密な関係性であることから親密さが伝わる挨拶が良いでしょう。

友人や知人に贈るカジュアルな挨拶文もいくつか紹介します。

相手別の挨拶文例友人・知人編

  • 寒い日が続きますね。体調管理には気をつけましょう。
  • クリスマスが近いね。街がきらびやかで楽しいですね。
  • 年末も近づき、慌ただしくなってきましたね。

カジュアル挨拶文のNG行為は?

ビジネスで使う挨拶文は丁寧でマナーも厳しいイメージがありますがカジュアルな挨拶文に関しては親しみのある文章が好まれるため、マナーはそこまで厳しいものではありません。しかし、いくら近い関係とは言いつつ、最低限のマナーは気になりますよね。

カジュアルな挨拶文にもNG行為がありますので、この機会にぜひ覚えてくださいね。

NG行為としては相手が不快になるような文章を書いてしまうことです。

つまり相手を想像し、不快になるような言葉は避けましょう。例えば、「別れる、終わる、切る」といった一般的にマイナスにとらえられる言葉は避けた方がいいでしょう。

また、12月ということでクリスマスの話題に触れる場合は踏み込みすぎないことも大切です。下記のような文は避けましょう。

  • クリスマスが近いね。○○さんは誰と過ごすの? 
  • お元気ですか?クリスマスは彼女と過ごすのかな。

返信があった場合の返答方法は?

カジュアルな挨拶文においても返信があった場合には返答するのが望ましいです。

社会人になりたての方はどうやって返答すればいいのか、悩みますよね。そこで返信があった場合の返答の挨拶文に関していくつか紹介します。

カジュアル挨拶文の返答文例①

お忙しいところ、返信ありがとう。
コロナウイルスの影響でお互い大変だけど、頑張りましょう。
引き続き、よろしくお願いします。

カジュアル挨拶文の返答文例②

返信をもらえてとても嬉しいです。
また、機会があればお会いしましょう。
それではまた連絡します。

カジュアル挨拶文の返答文例③

返信をもらえてとても嬉しいです。
○○さんもお元気そうでよかったです。
また、会えると嬉しいです。

まとめ

 

  • カジュアルな挨拶文は、親しみを感じる少しくだけた文章。
  • ビジネスや学校関係の挨拶文は、くだけすぎないように注意が必要。
  • 家族・親戚や友人や知人への挨拶文は親密な関係が伝わる明るい文章にする!
  • カジュアル挨拶文では「別れる、離れる、終わる」などマイナスな言葉は避ける
  • カジュアル挨拶文でも返信があった場合は返答するのが望ましい

今回は社会人になりたての方向けにカジュアルな挨拶文について紹介しました。

挨拶文と聞くと難しいですが、かしこまりすぎないことが大切です。初めて書くとき誰でも緊張しますよね。

最低限のマナーを理解しつつ、相手を思いやった文章を書きましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました