初詣は神道の行事?仏教徒やキリスト教の場合は?

お正月には初詣にいく予定の人も多いのではないでしょうか。

初詣に行くときにちょっと気になることといえば、初詣に行くときに、神社とお寺はどっちが正しいの?

『神道』と『仏教』ってどうちがうの?他の宗教のひとは初詣に行かないの?と、いったことが気になりますよね。

この記事では、初詣と宗教のかかわりあいについて調べているひとにむけて書いています。

初詣の作法や私がすすめる、一度は行ってみたい神社の紹介もさせていただきましたので、ご参考になさってください。

初詣は神道の行事?

毎年、初詣に神社やお寺にいかれる人は多いでしょう。ですが、初詣は宗教でいうと『神道』になると知っていましたか?

『神道』とは日本で自然に生まれた民族宗教といわれています。初詣という行事を間違えて『仏教』だと思っている人が非常に多いのではないでしょうか。これには諸説ありますが、日本独自の『仏教』にそのヒントがあります。

日本に『仏教』がつたわったときに、過去の日本人がもともとあった『神道』と『仏教』のお互いの考え方をとりいれあう『神仏習合』という現象がありました。これにより、『神道』の考え方と日本独自の『仏教』は非常にちかいものになりました。

『仏教』との関係をきくと初詣っていがいと歴史があるのでは…と思われる方がおおいでしょう。でも、じつは初詣が今のようなスタイルになって、そこまでの時間がたっていません。

今のようなスタイルの初詣が広まったのは明治の中期ごろといわれています。中期というとだいたい1889年~1904年ごろですので、いまからおよそ100年前ほどです。

初詣とはじつはごく最近できた行事だったのです。

初詣にいく人の中には様々な宗教の人もいますが、そもそもだれでも神社やお寺に初詣にいってもいいものか気になりますよね。

ほかの宗教のおしえに背かなければOKです。初詣にいかれる神社やお寺では他宗教でも構いません。日本の宗教の考え方はひとことでいうと「様々な宗教を受け入れる」です。

これは非常に日本人らしい発想で、「人それぞれなのだから、宗教もそれぞれでいい」という考え方からきています。

もともと『神道』では自然物や自然現象などを神様としており、その数の多さから「八百万(やおよろず)の神」といわれるほどです。そのような『神道』の考え方から生まれた日本人らしい考え方なのでしょうね。

初詣にお寺に行くのはそもそもおかしいのでは? と思われる人もいますよね。

じつは初詣はお寺でもOKです。

日本独自の『仏教』と『神道』は長い歴史のなかで非常にちかい関係になっていますので、その区別はされません。あなたの参拝されたい神社やお寺にいかれるとよいでしょう。

私は日本の宗教の考え方ってすごいことだといつも感心しています。

お互いを認めて、ちがいを受け入れる…こうした考え方は宗教だけでなく、もっといろんなところで使っていきたいものですよね。

仏教徒やキリスト教、イスラム教徒の初詣

日本独自の『仏教』にはインドなどの国の仏教と共通点も多いので、お寺に参拝されるひとが多いです。

もちろん、ちがいもありますが同じ『仏教』として扱われていますので、いつも通りお寺に初詣に行かれていいです。お寺も日本は多いので、参拝したいところに行かれるとよいでしょう。

キリスト教の場合は、「偶像崇拝」の教えにより、神社やお寺に参拝することはできません。かわりに、教会でキリスト教の初詣にあたる「元日礼拝」というものがあります。日本各地の教会でやっているので、神社やお寺に参拝することはしません。

では、イスラム教の場合は? 気になりますよね。

イスラム教は太陽暦ではなく、イスラム暦できめているため、1月1日が元日とは限りません。イスラム教の場合も「偶像崇拝」の教えにより、神社やお寺に参拝することはできません。かわりに、モスクや自宅などでメッカの方角をむいて礼拝します。

日本では、まだモスクは少ないので自宅でおこなう人が多いようですよ。

あれ? キリスト教もイスラム教も一緒なの? と思われるひとが多いことでしょう。なぜならユダヤ教をもとにキリスト教やイスラム教が枝分かれしているからです。

もともとユダヤ教に「唯一絶対神」という考え方があり、それをキリスト教とイスラム教が引き継いでいるため、「偶像崇拝」がおなじように禁止されています。

では、なぜ日本独自の『仏教』が生まれて、ほかの宗教はそうならないか?

それは日本につたわってからの時間の長さもありますが、『仏教』では「唯一絶対神」の考え方がないからです。『仏教』では、おなじ「神様」がいろいろな姿をしていて、いろんな名前をもっている…『神道』とどこか似ていますよね。

似ているから、お互いの調和をうまくとれたのでしょうね。

初詣の習慣は日本だけの行事?

初詣って世界各国、共通の行事だと思っているひともいるでしょう。海外では初詣はなく、日本独自の習慣です。もちろん、似たものはあります。

中国や香港などの『仏教』がひろく信仰されている国々では、お正月にお寺にいく風習があるところもあります。

日本のように祝日のところや翌日から仕事のところなどあり、それぞれの国によってお正月の過ごし方は違います。

キリスト教では、12月24日~1月6日のクリスマス期間が一連の行事になっており、カウントダウンパーティーをしたり、年越しを花火でお祝いしたりします。もちろん、「元日礼拝」は世界共通のものなのでありますよ。

キリスト教信者の多いアメリカでは、祝日は大晦日と元日のみです。1月2日からは普通に仕事がはじまるといわれています。

イスラム教では、イスラム暦という太陽暦とは違う暦によって元日をきめているため、1月1日が元日とは限りません。イスラム暦の元日にモスクなどで参拝することが多いです。

中東やアフリカなどのイスラム教の国々では、元日よりもほかの行事を優先しているため、元日はその日のみが祝日のところが多くなっています。

翌日からは仕事がはじまるところは、キリスト教と一緒ですね。

初詣の正しい参拝方法とマナー

神社に参拝されるときに気になるのは、正しい作法とはどんなものか?やってはいけない行為はあるのだろうか? ということでしょう。

参拝時の服装にきまりはなく、自由な服装でよいです。ただ、あまりにも奇抜なものはさけられたほうがいいですよ。

生理中の女性のなかには、初詣にいってもいいのか気にするかたもおられます。禁止している神社はありませんので、体調にあわせて参拝なさってください。

また、喪中の方も四十九日の法要が、終えられているのであれば参拝してもよいですよ。

参拝の流れは次の8ステップです。

参拝の手順

  1. 鳥居の前で一礼。
  2. 参道の中央をさけて、左右によって歩く。
  3. 手水舎(てみずや)で手と口を清める。
  4. ご神前で一礼。
  5. お賽銭を静かにいれる。
  6. 鈴があれば鳴らす。
  7. 「二礼二拍手一礼」の作法で拝礼する。
  8. 参拝しかえるときに鳥居をくぐったあと、振り返って一礼。

手水舎での手順

  1. 左手に水をかけて清める。
  2. 右手に水をかけて清める。
  3. 水を口に含み、静かに軽く口をすすいで出す。
  4. ハンカチなどで手をふく。

現在はコロナの関係もあり、柄杓(ひしゃく)を置いていない神社が多くなっています。

お賽銭の額にはきまりはなく、お気持ちにあったものでよいでしょう。語呂合わせで「五円」をいれる人も多いですよね

願い事は昨年の感謝とともに心をこめてひとつだけお願いしましょう。

いろいろとお願いしたくなりますが、本当にかなえたいものをひとつだけお願いしましょうね。

やってはいけない行為として、

  • 参道の中央を歩く(中央はまつられている神様の通り道とされています)。
  • お賽銭を乱暴に投げる。
  • 神社のやり方にあっていない作法で参拝する。
  • 携帯電話で長時間の会話、大声で会話する。
  • 歩きながら飲食する。
  • 歩きながらタバコを吸う。

これらの行為は、ほかの参拝にこられている人たちの迷惑になりますので、気をつけましょう。

飲食やタバコは当然のマナーですが、つい忘れやすいのが携帯電話でしょう。人が多くあつまる初詣。電話でよけいなトラブルを起こさないようにしましょうね。

電話でトラブルになりたくない人は、参拝しているあいだは電源を切ってしまうのもいいでしょう。

私も以前、名前を呼ばれた気がして振り返ったら、電話していただけだったことがあります。その時に目があってしまって、気まずかったのをおぼえています。

「二礼二拍手一礼」の作法については、YouTube動画に詳しく説明してありましたので、参考にしてみてください。

『出雲大社』などの一部の神社では「二礼四拍手一礼」のところもありますので、その神社にあった参拝をするようにしましょう。

「二礼二拍手一礼」ではないところでは、ご神前付近に参拝の仕方が書いてありますので、よく確認して参拝されるとよいですよ。

[神社参拝の作法]拝礼の仕方

おみくじは一度の参拝でひくのは一度だけとされています。凶などのよくない札がでても何度も引き直さず、おみくじの結び所にむすびつけましょう。大吉などのよい札は持ち帰るとよいといわれています。吉凶にあまりとらわれず、書かれていることを教訓にするとよいですよ。

友達などと一緒におみくじをひくと、おみくじの札番号がかさなることがあります。そういう時は、かさなった札番号の人たちで開けるタイミングをあわせるといいでしょう。

お守りは参拝したときに「この神様に守ってほしい」という気持ちになったときに買ってください。とりあえず買うという行為はやめたほうがいいですよ。あなたの気持ちによりそってくれる神様からお守りは買いましょうね。

お守りはなるべくカバンや財布などにいれて持ち歩くといいとされています。持ち歩かない場合は、家の目につく明るい場所で、なるべく高い位置に置くといいといわれています。

お守りに有効期限はありませんが、1年を目安に買った神社やお寺に返納するといいです。たまに燃えるゴミで捨てられる人もいますが、神様への感謝も込めてきちんと返納しましょう。

祈祷は厄払い・厄除けをするさいに受ける人が多いです。初詣に直接関係はありませんが、あなたがよくないことが多く続いているようでしたら、うけてみるのもいいでしょう。

私も厄年の厄払いをしましたが、気持ちがリフレッシュしましたよ。気持ちがはれるので、よくないことが続いていたらぜひ一度うけてみてはいかがでしょう。

日本人なら一度は行きたい初詣の神社3選!

神社は日本各地にいろいろとありますが、その中でも一度は行ってみたい神社はみなさんあることでしょう。

ここでは、私がおすすめする神社を3つ紹介させていただきます。

出雲大社

島根県の出雲市にある「出雲大社」は、大国主大神(おおくにぬしのおおかみ)を祀っています。

出雲大社は明治維新以降、唯一「大社」を名乗ることがゆるされた神社です。つくられた時期は『古事記』にも登場するほど歴史があり、日本でもっとも重要な古社のひとつとされています。

10月を神無月といいますが、出雲では神在月といいます。

日本中の800万の神々が出雲に集まり、話し合いをするとされていて、まさに日本の神々の中心地ともいえる神社です。

また、人と人の縁を様々な神様が相談してきめるともいわれているため、縁結びの神社としてもたいへん有名です。

パワースポットとしても有名で、境内から歩いて5分ほどのところには、「命主社(いのちぬしのやしろ)」といわれる樹齢1000年ともいわれているムクの木などがあります。

ご利益

  • 縁結び祈願
  • 恋愛成就
  • 商売繁盛
  • 家内安全

お守りには「縁結びお守り」といわれるものが恋愛成就に効果があるといわれ、若い女性に人気になっています。

人と人をつなぐ「ご縁」に関するご利益を授けてくれる神様でもあり、神様たちの中心地ともいえる神社ですので、一度はいかれてみるといいですよ。

私も出雲大社で厄払いをしてもらったことがありますが、すごく気持ちがリフレッシュしたおぼえがあります。

詳細情報

  • 郵便番号:699-0701
  • 住所:島根県出雲市大社町杵築東195
  • TEL:0853-53-3100

伊勢神宮

三重県伊勢市にある「伊勢神宮」は125社からなる総称で、正式名称は「神宮」といいます。

まつられている天照大御神(あまてらすおおみかみ)は、八百万の神々の中心に位置し、太陽にもたとえられる神様です。

約2000年前に天照大御神の鎮座地をさがして各地をめぐった倭姫命(やまとひめのみこと)が、天照大御神のお告げにより五十鈴川(いすずがわ)のほとりに内宮をたてたのがはじまりとされています。

「伊勢神宮」は特別な神社で、狛犬が内宮と外宮にはいません。狛犬は外の世界からやってくるよこしまなものを入れさせないための門番のような存在です。

ですが、「伊勢神宮」は神の聖地ともいわれている場所なので、よこしまなものが入れない場所のため、門番の狛犬は必要ないとされています。

「伊勢神宮」にはおみくじがないことでも有名です。

「一生に一度」とあこがれるお伊勢参りは、「伊勢神宮」に参拝するだけで大吉とされていたので、そもそもおみくじが必要なかったのです。

ご利益

  • 家内安全
  • 交通安全
  • 学業成就
  • 開運祈願

お守りは内宮と外宮で御守りと開運鈴守というお守りがそれぞれあります。内宮と外宮で神様もお守りの形も違っているのが特徴です。

伊勢神宮は神社としても、パワースポットとしてもたいへん有名な神社ですので、一度は行ってみてはいかがでしょうか。

私も「一生に一度のお伊勢参り」をしてみたいものです。

社会人になるとなかなか遠くまではいけないのが難しいところなのですが、すばらしいところだと知れば知るほど、人生で一度は行ってみたい神社ですよね。

詳細情報

  • 郵便番号:516-0023
  • 住所:三重県伊勢市宇治館町1
  • TEL:0596-24-1111

厳島神社

広島県廿日市市にある「厳島神社」は海にたつ赤い大鳥居で有名ですよね。日本三景にもなっている「安芸の宮島」でも有名です。

1992年には世界遺産にも認定され、海外でも日本の京都とならぶほどの観光地となりました。

厳島神社では宗像三女神(むなかたさんじょしん)をまつっています。

宗像三女神とは、天照大神(あまてらすおおみかみ)の子から生まれた3人の女の御子神(みこがみ)で、田心姫命(たごりひめのみこと)、湍津姫命(たぎつひめのみこと)、市杵島姫命(いちきしまひめのみこと)のことをいいます。

宗像三女神は、海の神、水の神などといわれ、玄界灘をまもる神様として古くから信仰されてきました。

「厳島神社」は593年にたてられ、平安時代後期に平清盛によって現在の寝殿造りの形になりました。このころに海上に作られたとされています。

ご利益

  • 交通安全
  • 金運向上
  • 必勝祈願
  • 縁結び祈願
  • 恋愛成就
  • 学業成就

お守りには様々なものがありますが、中でも人気なのが交通安全のお守りです。

宗像三女神は海の神ともいわれているほどで、交通安全のお守りは海上でも効果があるといわれています。

日本三景にもなっている「安芸の宮島」にある世界遺産の「厳島神社」、記念に一度は行ってみたいですよね。

私は広島に住んでいるので、何度も行ったことがありますが、すばらしい所ですよ。公共交通機関も完備されているので、車を運転できない人でもかんたんに行くことができます。

もし広島にこられたら、「宮島」と原爆ドームなどがある「平和公園」にはぜひ一度、足を運んでほしいものです。

詳細情報

  • 郵便番号:739-0588
  • 住所:広島県廿日市市宮島町1-1
  • TEL:0829-44-2020

最後に

 

初詣は神道の行事?仏教徒やキリスト教の場合は?

  • 初詣は神道の行事?
  • 仏教徒やキリスト教、イスラム教徒の初詣
  • 初詣の習慣は日本だけの行事?
  • 初詣の正しい参拝方法とマナー
  • 日本人なら一度は行きたい初詣の神社3選!

初詣は日本独自の習慣であり、世界でも有名な宗教行事でもあります。

とはいえ、日本に住んでいる方の大多数が『無宗教』なので、世界的に見たときにとてもめずらしいことだといえます。

初詣が今のようなスタイルになって、100年ほどと短い文化ではありますが、ここまで日本人のこころに根強くしみついた文化はなかったのではないのでしょうか。

日本にもとからあった『神道』と、つたわってきた『仏教』が、お互いのそれぞれのよいところをとりいれた『神仏習合』という現象があったことが受け入れやすくしたのでしょうね。

日本人の宗教の考え方のすばらしいところは「さまざまな宗教をうけいれる」ところでしょう。

だれがどの宗教を選択してもいい…

他の宗教を認めてあげる…

人それぞれ違うのだから、宗教も違っていい…

このようなお互いの違いを認めてお互いを理解する考え方は、とてもすばらしいことだといえます。

神様にちがいはあっても、最後まで信じることが大事ですよね。あなたもあなたが信仰している宗教を大事になさってくださいね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました