PR

受験生の親にかける言葉は?年賀状に何と書けばいいの?【例文あり】

LINEでは無料で簡単に年賀状を作れます。

相手との関係性にもよりますが、LINE年賀状と印刷年賀状を使い分けるのもありです。

【コピペOK!】そのまま使える例文3つ!

年賀状の添え書きの例文を3つご紹介します。そのまま使ってOKです!

例1「実力を発揮できますように 体調管理に気をつけてくださいね」

例2「笑顔に満ち溢れた春を迎えられることを願っています」

例3「これまで家族一丸となって努力している姿を見てきました ラストスパート応援しています」

長々と書かず、短めにコメントするようにしましょう。

あなたは受験を見守っている立場です。変なプレッシャーをかけずに、応援している気持ちだけが伝わるような言葉を選びましょう。

ただし、「頑張れ」は絶対に使ってはいけません。今まで努力してきた人たちに対して「頑張れ」と伝えるとプレッシャーになります。また、あなたがそう思っていなくても、「(まだまだ努力が足りないから)頑張れ」と受け取られてしまう可能性もあります。ご注意ください。

受験結果が気になる!自分から聞いてもOK?

受験終了後は結果が気になりますよね。どうなったのか、会って直ぐに結果を聞きたい気持ちはわかります。

しかし、あなたから受験結果を聞くのはやめましょうなぜなら、結果を聞かれたくない人が多いからです。

受験はとてもデリケートな問題です。

たとえどこかの学校に合格したとしても、その学校が第一志望でない場合、その家族にとっては「受験失敗」になります。どんなに有名校であっても、偏差値が高くても、希望の学校に受からなければ「失敗」と考えてしまうのです。

そのため、相手が結果を報告してくるまで待ちましょう。良い結果でも悪い結果でもすぐに報告してくれるかもしれません。逆に、報告を一切してくれないかもしれません。

どちらにせよ、第三者のあなたがずかずかと聞いていいものではありません。相手が話してくれるまで、好奇心を抑えてじっと待っていましょう。

まとめ

受験を迎える子を持つ親はかなり敏感です。

「前向きになれる」「努力は無駄ではない」という内容の言葉をかけてあげましょう。

そして、年賀状を出す場合はマナーを守りましょう。年賀状の構成は以下のとおりです。

  1. 賀詞
  2. 昨年お世話になった謝辞
  3. 近況や抱負などを伝える本文
  4. 相手の健康、幸福などを願う結びの言葉
  5. 日付
  6. 一言添え書き

年賀状にはタブーとされていることがあります。

<年賀状のタブー>

  • 忌み言葉を使う
  • 重複表現
  • 書き損じ
  • 句読点を使う

これらを犯さないように気をつけてください。

年賀状を出すのは大変だと思う場合はスマホで年賀状を作成し、LINEで送るのも手です。

受験生を持つ親に対して、年賀状に添え書きをする際、以下の例文を参考にしてみてください。

<年賀状の添え書きの例文>

  1. 「実力を発揮できますように 体調管理に気をつけてくださいね」
  2. 「笑顔に満ち溢れた春を迎えられることを願っています」
  3. 「これまで家族一丸となって努力している姿を見てきました ラストスパート応援しています」

長々と書かずに、短めにコメントするのがポイントです。ただし、「頑張れ」の言葉は絶対に書いてはいけません。

受験終了後は結果が気になりますが、相手から連絡が来るまで大人しく待っていましょう。

受験期の親は何かと大変です。あなたが応援したい気持ちもわかります。

ただ、あなたは第三者だということを忘れてはいきません。行き過ぎた応援は相手に余計なプレッシャーをかけてしまいます。

年賀状の短い文章でも相手に気を遣いましょう。気を遣ってあなたが損することは何もありませんよ。

タイトルとURLをコピーしました