小学2年生向け書き初めの四字熟語5選!うまく書くコツとは?名前はどこに書く?

お正月

冬休みの恒例の宿題といえば、書き初めがありますよね。毎年、どのような四字熟語を書くのか迷ってしまいませんか?

  • 簡単な四字熟語はないかな?
  • うまく書くコツはあるのかな?
  • 名前はどこに書くんだろう?

と悩んでしまいますよね。

私自身も、書き初めが苦手でうまく書けずにとても苦労しました。

この記事で紹介する『書き初めをうまく書くコツ』を実践すると、簡単に解決することができます。

この記事では、書き初めで悩んでいる方に、うまく書くコツや名前の書き方、おすすめの四字熟語5選を紹介していきます。

小学2年生向け書き初めの四字熟語5選 その1:一石二鳥

有名な言葉なのでご存知の方も多いかと思いますが、一石二鳥(いっせきにちょう)は、一つのことをして、二つの利益を得るたとえのことです。

簡単な漢字ばかりですので、書き初めが苦手な方にもおすすめの四字熟語です。

小学2年生向け書き初めの四字熟語5選 その2:古今東西

『ここんとうざい』と読み、昔から今まで、東西四方の全ての場所。また、副詞的に、いつでもどこでも、いつの時代でもどの地でもという意味です。

バランスの取りやすい漢字ばかりですので、比較的書きやすい四字熟語です。

お手本通りに『止め』や『はらい』をしっかりと書くことで、きれい書くことができます。

小学2年生向け書き初めの四字熟語5選 その3:自給自足

自給自足(じきゅうじそく)は、必要とする物を他に求めず、全て自分で賄い、足りるようにすることという意味です。

有名な言葉ですので、聞いたことがあるという人も多いと思います。

自給自足の『給』という漢字が画数が多いので、バランスを意識して書きましょう。

小学2年生向け書き初めの四字熟語5選 その4:七転八起

『しちてんはっき』と読み、何度失敗しても挫けず、立ち上がって努力することという意味です。

勉強や習い事など、うまくいかずに投げ出したくなることもあります。

うまくいくまで投げ出さず、努力するという新年の抱負としてもおすすめの四字熟語です。

小学2年生向け書き初めの四時熟語5選 その5:百発百中

有名な言葉なのでご存知の方も多いと思いますが、百発百中(ひゃっぱつひゃくちゅう)は、発射した弾丸や矢などがすべて命中すること。転じて、予想した計画やねらいがすべて当たることという意味です。

書きやすい漢字ばかりですので、書き初めが苦手だという人におすすめの四字熟語です。

書初めをうまく書くコツは?名前を書く場所は?

書き初めが苦手だという方のために、うまく書くコツや名前の書き方を紹介していきます。

書き初めをうまく書くコツ

  1. 『止め』、『はね』、『はらい』をしっかりと書く。
  2. 全体のバランスを整える。

たったこの2つを意識するだけで、書き初めをうまく書くことができます。

『止め』、『はね』、『はらい』がしっかり書かれていると、メリハリのある字になります。

お手本通りに、止めやはね、はらいを書くことで、字のきれいさが一気に上がります。また、全体のバランスを整えることで、全体がまとまって見えるようになります。

バランスを整えるためには、用紙を半分に折って中央ラインを揃えたり、四等分に折って一文字一文字の大きさを揃える方法がおすすめです

中央ラインを揃えることで、文字を真っ直ぐ書くことができますし、四等分にすることで、一文字一文字のバランスが取りやすくなります。

バランスを整えると、仕上がりが一気にきれいになります。また、名前を書く場所ですが、基本的に用紙の左端です。

左端の半分より少し上から名前を書きます。名前の一番下は余白が必要ですので、バランスを意識して名前を書きましょう!

そもそもなぜ宿題で書き初めをする?歴史は?

書き初めは、平安時代の宮中で行われていた儀式『吉書始め』は起源とされています。

元旦の朝に汲んだ神聖な水を使って墨を刷り、その年の恵方に向かって歌詞を書くというものでした。

時代を経て、江戸時代頃から庶民に広まったとされています。では、なぜ宿題で書き初めをするようになったのでしょうか?

書き初めは、決められた四字熟語や学校で習う文字を書くことが大きな目的となっています。

今年一年の抱負を文字に書くことで、新しい一年が良い年になるようにといった願いや、文字がきれいに書けるようにという願いも込められています。

せっかく『書き初め』をするので、しっかりとやる意味を理解して取り組んでいきましょう!

まとめ

小学2年生向け書き初めの四字熟語5選とうまく書くコツなどのまとめ!

 

  • 『一石二鳥(いっせきにちょう)』

一つのことをして、二つの利益を得るたとえのこと。簡単な漢字ばかりですので、書き初めが苦手な方にもおすすめの四字熟語。

  • 『古今東西(ここんとうざい)』

昔から今まで、東西四方の全ての場所、いつでもどこでも、いつの時代でもどの地でもという意味。お手本通りに『止め』や『はらい』をしっかり書くことで、きれいに書くことができる。

  • 『自給自足(じきゅうじそく)』

必要とする物を他に求めず、全て自分で賄い、足りるようにすることという意味。『給』という漢字が画数が多いので、バランスを意識して書く。

  • 『七転八起(しちてんはっき)』

何度失敗しても挫けず、立ち上がって努力するという意味。勉強や習い事など、うまくいくまで投げ出さず、努力するという新年の抱負としてもおすすめ。

  • 『百発百中(ひゃっぱつひゃくちゅう)』

発射した弾丸や矢などがすべて命中すること。転じて、予想した計画やねらいがすべて当たることという意味。書きやすい漢字ばかりなので、書き初めが苦手だという人におすすめ。

  • 書き初めをうまく書くコツと名前を書く場所

『止め』、『はね』、『はらい』をしっかり書き、全体のバランスを整える。名前は、用紙の左端に書く。

  • 書き初めの歴史

平安時代の宮中で行われていた儀式『吉書始め』が起源とされ、江戸時代頃から庶民に広まった。

せっかく『書き初め』をするのであれば、しっかりとやる意味を理解して取り組みましょう!

書き初めが苦手で、嫌だという気持ちはすごく分かります。コツさえ掴めば、簡単にうまく書くことができるので、楽しく書き初めができますよ。

筆を持ち、気持ちを落ち着かせて、新しい一年の目標を定めてみてはいかがでしょうか。

コメント

タイトルとURLをコピーしました