年末年始に帰省しない時に贈り物おススメ5選!帰れない理由や伝え方は?

義実家への帰省で気をつけるポイントは5つあります。

 

  1. 好感を持たれる挨拶や会話を心がける。
  2. 家事はどこまで手伝うべきかを考える。
  3. 義実家の生活リズムに合わせて行動する。
  4. 洗濯物は洗濯ができない想定で数日分持っておく。
  5. スマホの見過ぎに注意する。

好感を持たれる挨拶や会話を心がける

「お邪魔します」「おはようございます」「おやすみなさい」といった挨拶はしっかりしましょう。

何かをしてもらった時には「ありがとうございます」、何か聞かれた時には「はい・いいえ」の受け答えがしっかりとできると好印象を持たれます。

また、言葉遣いも気をつけるようにしましょう。場をわきまえた言葉遣いができる女性だと印象付けることができますよ。

義実家で過ごす時間は、積極的に会話をするように心がけてください。

コミュニケーションをしっかりとることで、お互いの理解が深まり、より良い関係を結ぶことができます。

家事はどこまで手伝うべきかを考える

家事は家庭によってやり方が異なりますが、3つのパターンがあります。

  • 嫁をお客様扱いし、家事は手伝わなくていい。
  • 姑の仕切りで家事をする。
  • 全部の家事を嫁に任せる。

家事は姑の分野の場合が多いので、その家庭のやり方で手伝うようにしましょう。

家庭のやり方を守るように心がけてくださいね。

義実家の生活リズムに合わせて行動する

義実家の生活リズムに合わせて行動するようにしましょう。

朝は義実家のみんなより少し早起きし、夜はみんなが寝るころに自分も寝るようにしてください。

自分の生活リズムとは異なる場合が多いですが、義実家のリズムに合わせて行動するようにしましょう。

洗濯物は洗濯ができない想定で数日分持っておく

洗濯ができない想定で、衣類は数日分持っていくようにしましょう。

事前に夫を通して、「タオルは借りられるか?」、「洗濯をしてもいいか」など確認しておくと荷物を減らすことができます。

スマホの見過ぎに注意する

義実家では会話がはずまなかったり、知らない話題が多かったりと会話に困る場面が出てきます。

しかし、だからといってスマホをずっと見ている姿やつまらなそうな態度は感じが悪いです。楽しくなかったとしても、スマホを見ずににこやかに話を聞いたりするようにしましょう。

まとめ

年末年始に帰省しない時に贈り物おススメ5選と帰れない理由や伝え方のまとめ!

 

♦年末年始に帰省しない時に贈り物は必要?

一般的には年末年始は帰省して顔を出すもの。帰省できないときは代わりに、1年の感謝の気持ちや会えない代わりのご挨拶という気持ちを込めて『帰省暮』を送ると高感度が高い。

♦年末年始に帰省しない時に贈り物おススメ5選 その1:『京都・辻が花 お茶漬け最中&お吸物最中詰め合わせギフトセット』

普段自分では食べることがないような贅沢なグルメは人気が高い。お茶漬け・お吸物だと気軽に楽しむことができる。

♦年末年始に帰省しない時に贈り物おススメ5選 その2:『とらふぐ身皮しゃぶしゃぶ&ふぐちり鍋セット』

冬の定番といえば鍋。家族で旅行気分を味わえるちょっとリッチな鍋は喜ばれること間違いなし。

♦年末年始に帰省しない時に贈り物おススメ5選 その3:『金目鯛ひもの3種味くらべセット』

高級魚として有名な金目鯛。普段は自分でなかなか買うことが少ない。味比べもできるので、家族で楽しく食事することができるのでおススメ。

♦年末年始に帰省しない時に贈り物おススメ5選 その4:『焼肉屋さんが作ったプレミアムローストビーフ』

帰省暮の定番商品。特別な日に食べたいグルメとして人気が高い。お正月のおめでたい席で楽しんでもらいたいという思いを込めたローストビーフは、帰省暮にぴったり。

♦年末年始に帰省しない時に贈り物おススメ5選 その5:『獺祭』

年末年始はお酒を飲んで過ごすという家庭も多い。獺祭は高級な日本酒として人気が高い。お酒好きの過程にはぴったりの帰省暮ギフト。

♦年末年始に帰省しないと決めたら?

実家、義実家では子どもたちが帰省する日を楽しみに待っている。布団や料理の買い出しなど、事前に準備をしている親も多い。帰省しないと決めたら、できるだけ早めに連絡を入れるようにする。帰省できない代わりにギフトを贈ることを伝える。

♦一般的に年末年始は帰省はいつする?

  • 年末年始の休みは、12月29日~1月3日までの6連休が一般的。
  • 帰省ラッシュのピークは、12月28日の仕事終わりから30日。
  • Uターンラッシュのピークは、1月4日の仕事初めに合わせた2日~3日がピーク。
  • 帰省するタイミングをずらすことで、渋滞に巻き込まれることが減る。

♦覚えておきたい嫁が義実家で年末年始にすることとは?

  • 『好感を持たれる挨拶や会話を心がける』
  • 『家事はどこまで手伝うべきか考える』
  • 『義実家の生活リズムに合わせて行動する』
  • 『洗濯物は選択ができない想定で数日分持っておく』
  • 『スマホの見すぎに注意する』

日本では、年末年始などの季節の挨拶は昔から行われてきました。実家、義実家に帰省できるのが一番良いですが、帰省できないときもあります。

相手との関係性を考慮しながら、帰省できないときは素敵なギフトを贈って喜んでもらいたいですよね。

喜んでもらえるような素敵なギフトを贈って、お互いに良い1年のスタートを切りましょう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました