PR

冬休みの宿題に給食ポスターの課題がでた!何を書く?コツや標語は?

記事を読めばポスターの作り方について網羅的に理解できアイデアの手助けにもなります。

今回は給食のポスターについて記載します。

給食はひとそれぞれ好きなものも当然違うし自分が好きな料理が出るときは授業なんて上の空になってしまいますよね。

私も自分が好きなコッペパン、春雨スープ、肉中心の食事など出ると知った際には早く昼の12時にならないかなと心の中でよだれをたらしていました(笑)

ただ給食の料理をよりおいしく見えるように原料やカロリー、例えばチャーハンにはどのような材料が使われることが多いかなどポスターにまとめる宿題が冬休みなどに課されることはなかったでしょうか?

  • ポスターの作り方が分からないしどんな構成にしていくの?
  • ポスターの文字の位置や配色にポイントはあるのかな?
  • どんな絵を書いていいか分からない
  • ポスターについていいアイデアがなく手が止まってしまった。

そういった小学生の方々も多いかと思います。

ポスター作りは給食だけに限らず何かアイデアをまとめたり、絵を書いたり、書式をうまく活用すると人に見栄えがよくなり他のポスター作りの際にもテクニックを代用できます。

また後で述べますが絵が上手な場合は市のコンクールに受賞したり、大会に参加できたりなどの力試しもできます。

冬休みにポスターの宿題がでた!

まず第一に何故ポスターの課題が出されるかについてですが、ポスター課題は基本的に1人では解決することが難しく様々なアイデアが必要になることが多いためと考えられます。

そのためグループワークで行われることも多く、人の意見を聞く力や耳を傾け班員の考えを集約することの難しさもあります。

文章だけでなく、どのような構造にすれば良いの?絵の選択は何にするの?配置は?レイアウトは?などなどを取り入れる必要があるため自己中心的に1人で物事を解決というわけにはいきません。

班で発表がされるときは役割分担をして代表者、タイムキーパー、意見とりまとめ役などを振り分けることになるので適任者を決めていく能力も必要になります。

長い時間議論することや耐久力が必要になるので、副産物として科目を勉強する際にも高い集中力が発揮される可能性もあるのです。

文章で相手に同調してもらったり、納得させるのは想像以上に難しくそれなりの根拠や事実を論理的に組み立てることも求められ、自分で調べていくうちに情報収集能力が向上します。

私も企業が発展するにはどうしたらいい?などのグループワークを経験したことがありますが、意見や考えが中々まとまらず発表がうまくいかず四苦八苦したことがありました。

小学生などの小さいうちからグループワークや文章を書くことに慣れておくと大人になったときでもプレゼンや就職活動など役に立つ場面は多いのです。

給食ポスターにはどんな絵を書く?アイデア5選!

それではどう給食ポスターの絵はどう描くのかアイデア5選を紹介します。

ポスターを描くためのアイデアとは?

  1. 曲線や直線をうまく利用する
  2. 鉛筆で下書きをする
  3. マーカーを使う
  4. 色は4色までにしておく
  5. 給食で皆が好きそうな料理を描く

➀曲線や直線をうまく利用する

直線や曲線をうまく利用すると立体的に絵を見せることも可能になってくるためです。

人間の脳は立体的なアートに騙されやすく少しでもくぼんでいるとすぐにくぼんでいるものだと脳が錯覚を起こします。

直線は絵の基本で四角を書くことや重ねていくことにより様々なアートを築きあげることが可能になります。

直線に曲線のレイアウトを組み合わせていくと、城や何かのキャラクターなど複雑な絵も書くことができます。

絵の練習をするには直線と曲線がなじみやすいため始まりはここからになります。

➁鉛筆で下書きをする

鉛筆(シャーペンも可)で下書きをするといざ試しが書きをして失敗したとしても消しゴムで消すことも可能になります。

せっかく書いたのにボールペンなどで書いており消すことや修正ができずにぼつになってしまったら悲しいですよね。

アイデアをすぐに形として素早く修正を重ねていくことのできる鉛筆を使い創造性に磨きをかけると美しいデッサンが可能になりますよ。

③マーカーを使う

マーカーは小学校や中学校では絵を書いたり塗りつぶしたりする際にはおなじみですよね。

マーカーは色付けするときに絵の輪郭をハッキリ描くことができるので見栄えの良いものに仕上がります。

また直線と曲線の部分に輪郭をくわえると影を表現できたりすることができるのでよりレベルの高いデッサンが可能になります。

色の使い分けがしやすいのも便利で例えば強調したい部分には赤を使ったり、落ち着いた色を使いたいなら青を使用してくっきり色を残すことができます。

④色は4色までにしておく

なぜ色を4色にするかといえば単純に頭が疲れるからです。

色を6種類も8種類も使ってしまうとどの部分が強調したいのか分からないものになってしまいますし見にくくなり、目がチカチカします。

3原色の定理でもありますが、基本的に青、赤、黄を使い組み合わせれば紫になったりオレンジになったりと良く使う色は生成できます。

もう1色くわえるなら良く使う緑をいれておけば何色を使えば良いのか分からないといった問題も発生しなくなるでしょう。

自分自身も色を使いすぎて「何を強調したいか分からないんだけど」と先生や友達に実際に言われたこともあります。

色の使い分けを4色にしぼると何色を使えばいいか分からない!といったこともなくなりますよ。

⑤給食で皆が好きそうな料理を描く

給食のポスターなので料理を絵にすることは当然ですよね。

給食で好きな人が多そうな給食(例えばコッペパンやカレー)などを書くと給食ポスターが一気に映えたものに様変わりします。

給食をおいしそうに見せるには湯気などもデッサンしておくと、まるで実際に食べ物がそこにあるかのような感覚に襲われるのでおススメですよ。

お皿から溢れんばかりに描いてみたり、お皿もメニューに合わせて大きくしたり小さくしたりするなど工夫すると給食ポスターらしくなるでしょう。

給食ポスターの標語や言葉は何を書く?アイデア5選!

ポスターの標語は?

  1. いただきます
  2. たくさんの人、命に感謝
  3. 残さず食べよう
  4. 感謝して食べよう
  5. 好き嫌いせずに食べよう

➀いただきます

ごはんを食べるときには誰しもが小学生の頃には口に出す機会も多かったフレーズのため親近感がわきますよね。

まず困ったら真っ先にいただきますが思い浮かぶことも多いですし、人を笑顔にさせるフレーズだとも考えています。

➁たくさんの人、命に感謝

日頃ごはんを食べることができるのは農家の方や牛、豚、野菜など様々な命があるおかげですし腹が減っては戦もできません。

牛は牛肉になり回鍋肉やチンジャオロース、焼肉などみんなが好きなものにはほぼ必ずといっていいほど含まれています。

豚肉に関しては、生姜焼きやチャーハン、ラーメンなど多種多様に形を変えて料理を作ることができるので重宝されます。

多くの命を自分たちはもらっているということを再認識させるフレーズなのでポスターに一筆しておくべきでしょう。

③残さず食べよう

残さずしてしまうことは、その食事を無駄にしてしまうことにもなりかねませんし、作ってくれた人に失礼ですよね。

どうしてもという場合は仕方ないかもれませんが極力は残してはいけないよとポスターで強く訴えかけることもできます。

給食で自分は残したことはありませんが、周りの友達が「なんかこれうまくないね」と口に出しているのを横で聞いていると何だか悲しい気持ちになりました。

残すと残飯を家畜が食べてくれるからいいやと考える方もいるかもしれませんが生ごみなどが増えることにより環境問題に発展し、酸性雨の原因にまで発展することも考えられます。

重大な問題が発生する前にポスターで一言書き添えておきたいところです。

④感謝して食べよう

作ってくれる人がいるので料理をおいしくいただけますし、給食を食べられるのは親御さんが給食費を出してくれたからでもあります。

食べ物がないと空腹になり、何も食べない状態が一週間続けば人間は死んでしまいます。

給食の際にみんなで手を合わせていただきます、というのを小学生の頃クラスでしていましたがそんなのどうでもいいやと考えているのか手を合わせていなかったり、言葉にしていない生徒もいたりしたのを覚えています。

今の小学生や中学生、はたまた大人もそうかもしれませんが食べ物があるのは当然と考えている人が多いように思えてなりません。

感謝をして食べることを忘れないようにポスターに記載しておけば感謝の気持ちを疎かにした場合の戒めになるでしょう。

⑤好き嫌いせずに食べよう

好き嫌いがあるのは仕方のないことかもしれませんが、食べもしないのに臭いや見た目がグロテスクだからといった理由だけで嫌いになってしまう方もいます。

食べもしないのに嫌いになるのは如何なものでしょうか?

嫌いが激しいだけでもビタミンや栄養面が崩れてしまう可能性もあります。

ジャンクフードやお菓子ばかりに目がいってしまうと、いずれは体を壊したり病気になってしまうことも否めません。

結果的に体は害悪しかないので全体的に見れば損をしていますし、今後を考えて栄養価を取って欲しいことをポスターでアピールできます。

みんなの目のつく場所に飾っておけば必然的に好き嫌いを克服しようかなといった感情が芽生えることにつながります。

冬休みの課題の給食ポスターを上手に書くコツは?

過去のポスターを参照させていただき、まず何を描けばいいのか考え、下書きしながらレイアウトを考えていくことが最初にするべきことになります。

過去の作品で賞を受賞するような作品には色の強調がうまかったり、絵がとても分かりやすく何を伝えたいか見るだけで分かったりなどするものです。

どのようなことを強調したいか?ポスターのどの位置に絵を書くのか、レイアウトはどうするのか?をまとめていけばいいかヒントを得ることができます。

丸パクリはダメですが一部を抜粋しながら自分の考えや本などで参考にして自分が思ったことを書いていくと自然と文章が完成していきます。

完成した文章を元に班で行っているなら班員の意見を入れてさらにオリジナリティを出ていきます。

1人で行っている場合には、他に参考にできる意見や本はないか?人にアドバイスを多少は求めるのもアリです。

人が食べている姿を描くと給食が美味しそうに見えるので効果的です。

完成が近くなったら最後は、配色を決めていき輪郭を塗りつぶし見やすい色を使いながら仕上げていきます。

色は基本3色が一番良く(三原色の定理)ごちゃごちゃしすぎないためおススメです。

こうして塗っていけばポスターは完成しますので、是非参考にしながらポスター作りの情報として取り入れて下さい。

ポスターをうまく作るための参考動画になります。

絵が得意ならチャレンジしよう!小学生向けのコンクールは?

➀海洋の夢コンテスト

テーマは50年後の海になります。

特徴としては、鉛筆、クレヨン、色鉛筆などを使いはがき大の用紙に自由な発想を紙に表現して、小学生の柔軟な考えを絵で見られることにあります。

50年後とかなり抽象的ですがその曖昧さ故に様々なアイデアを絵で描かれるので見応えがあります。

応募方法は国立研究開発法人海洋研究開発機構(JAMSTEC)のホームページから応募するかアイディア部門・絵画部門に郵送する2つの方法です。

賞金はでませんが海洋調査船の体験乗船招待があります。

➁アンデルセンのメルヘン大賞

小学生は800字~2000字で日頃の生活で感動したことや想像したことを書くというもので自由度が高く制限もほとんどありません。

しかし制限やお題の網羅性が高いためしっかり構成や書くことを決めて作業しないと難航していくことになります。

そういった構成力や表現力をみているのも特徴といえそうです。

応募方法としては、電話やはがきでの応募で小学生部門は国内在住で小学6年生までが対象になっています。

文章を書くことを鍛えるには最高の腕試しといえます。

景品としては、パンを楽しむギフトセットやロイヤルコペンハーゲンイヤープレートなどを手にすることができます。

③小学生俳句大賞

テーマは自由で俳句を作って優勝を目指すことになりますが、小学生の視点だからこそでしか表現できないような俳句を見ることもできます。

例えば

「冬の朝ミネストローネはぐだくさん」
兵庫県 甲南小学校 4年 橋本 千佳 (引用)

「夕焼けの少しさみしい「また明日」」
京都府 南丹市立北富本小学校 5年 岸上 わか那(引用)

といったように面白い俳句がいくつも誕生していますので、小学生で俳句に自信のある方は参加されてみてはいかがでしょうか。

応募方法としては、彷彿大学小学生俳句大賞のホームページ経由で応募するかはがきの郵送で応募することになります。

はがきでの応募の際は、専用応募用紙かA4サイズ用紙に書いて応募してください。

図書カード1万、5千円、3千円、2千円 記念品が景品として出されます。

④サポカーポスターコンテスト

サポカーの絵とサポカーの標語(何かのセリフ)を考えてA3サイズ(297×420mm)、四つ切り画用紙(380×540mm)に考えをまとめます。

世間では交通安全がよく話題にあがったりするので、小学生の作品を見ると運転について考えさせられますよ。

ポスターを作るにはどうすればいいか勉強になるのでポスター作りを学び他人と競えるといった特徴があります。

応募方法は郵送になります。

商品としては、オリジナルミニカー、帽子、タオルがあります。

まとめ

 

  • ポスターの作り方、構成、配色、レイアウトの説明
  • ポスター作りの際に班で行う際は傾聴力が必須だということ
  • ポスターに絵を書く際のポイント
    1. 曲線や直線をうまく利用する
    2. 鉛筆で下書きをする
    3. マーカーを使う
    4. 色は4色までにしておく
    5. 給食で皆が好きそうな料理を描く
  • ポスターの言葉や標語は?
    1. いただきます
    2. たくさんの人、命に感謝
    3. 残さず食べよう
    4. 感謝して食べよう
    5. 好き嫌いせずに食べよう
  • ポスターをうまく書くにはレイアウトが重要だということ
  • ポスターの力強化に役立ちそうなコンクールを4つ紹介

ポスター1つを作り上げるにも文章だけでなく、絵をうまく描き訴えかける、配色をうまく使うレイアウト(構成)を組み立てなければいけないなどいくつものことに目を配らなければなりません。

ポスター作りで自分が一番難航したのは組み立て(構成)でした。文章を組み立てるのもそうだと思いますが組み立てがあってこそなので時間を割いていました。

発表する緊張感からか夜あまり寝付けず失敗したら嫌だなと考えていました。

しかし読者の皆様は情報を手にしましたのですくなくとも私のような失敗はせずポスター作りを行っていけるはずです。

レイアウトをしっかりしたのならポスター作りに今すぐとりかかりましょう!

■こちらも読まれています。
・ 小学校冬休みの宿題が終わらない!毎年ギリギリになる原因と対策は?
・ 冬休み自由研究1日で終わる小学5年生向け課題5選!

タイトルとURLをコピーしました