PR

冬休みの短歌の宿題攻略!小学生向けのおすすめテーマとは?

子どもの冬休みの宿題一覧をチェック!目に留まったのは「短歌作り」。

  • 「短歌って何?ルールや作り方は?」
  • 「どんなテーマだと作りやすいかな?」
  • 「そもそも短歌作りを宿題にする学校の意図は?」

と思っているそこのお父さん!お母さん!

この記事で、短歌作りに関する疑問を全て解決出来ますよ。誰しも国語の授業で1度は触れたことのある短歌。今、あなたが「短歌を1つ作って下さい。」と言われたらどうですか?

「短歌って何かうまいことを考えなきゃいけないのでは・・・?」

「単純な表現じゃなくて、ひとひねりするのが短歌や俳句だよね・・・?」

と、思ってしまいますよね。私もそう思うタイプです。そして迷走して、結局何も思いつかないタイプです。笑

でも難しく考えてしまうのは、大人だからなのです!子どもの短歌は、ひとひねりする必要も、うまいことを言う必要もありません!

「素直な気持ち」をダイレクトに表現した短歌が、とても評価されます。「素直な気持ちをダイレクトに表現」とはどういうことか?

それも踏まえて、この記事では以下のポイントを説明・紹介します。

実際に親子で短歌作りをした体験談や、小学生の作品を見れるサイトも紹介します。

  • 小学生向け短歌の作り方やルール解説
  • 小学生向けおすすめ冬の短歌テーマ紹介
  • テーマに沿った短歌を紹介&作り方のコツを解説
  • 小学生の短歌作りに参考になる本や教材、サイトの紹介
  • 短歌を詠めるようになるメリットを紹介

5分くらいでザッと読める記事です。読み終えた時には、子どもではなく、まずは自分が一句詠んでみたくなりますよ。

それではさっそくいきましょう。

短歌の作り方・ルールとは?

誰でも一度は触れたことがある短歌。

でも、俳句や詩との違いは何だっけ?短歌作りにルールはあるの?小学生にも分かりやすい短歌の作り方は?そもそも、なぜ短歌が冬休みの宿題に出るの?

まずは、これらの疑問を解決していきましょう。

短歌とは

1500年以上前から、日本の貴族が趣味として詠んでいた短歌。その短歌をまとめた書籍が「万葉集」「古今和歌集」です。

昔の貴族と言うと、高貴なイメージがありますね。だから短歌のハードルも上がりますが、そんなことはありません。

日常生活で感じたことを自由に歌に出来るのが短歌です。

短歌と俳句・詩との違い

短歌・俳句・詩の違いを簡単な表にしました

音数 季語 主な表現対象
短歌 5・7・5・7・7 決まりなし 作者の感情など
俳句 5・7・5 必要 自然、情景など
詩(自由詩) 決まりなし 決まりなし 何でもあり

表を見ての通り、短歌と俳句の大きな違いは「音数」と「季語の有無」です。

短歌は季語を入れる必要はありませんが、入れたほうが作りやすい場合が多いです。なぜなら、季語は「いつ、どこで」という情景を簡単に表現できるツールでもあるからです。

詩には、定型詩と自由詩の二種類があります。短歌も俳句も「定型詩」に分類されるのです。「主な表現対象」はあくまでも参考です。

短歌でも自然について謳っている場合もあります。短歌は俳句より音数が多いため、感情を表しやすいのです。

短歌作りのルール

守るべきルールはたった2つ!

①「5・7・5・7・7」の音数。

ここでポイントは「文字数」ではなく、「音数」ということです。

1500年も前から存在していた短歌は、文字もない頃から詠まれていました。昔の人は音を耳で覚えて、口で歌い伝えていたのです。そのため、「文字」ではなく「音」が重視されいます。

具体例としては、

  • 「ちょっと」=4文字だけど→「ちょ・っ・と」の3音 扱いとなる
  • 「サッカー」=4文字でそのまま→「サ・ッ・カ・ー」の4音 扱いとなる

しかし、最初から小学生に「音数」を意識させると混乱してしまうかもしれません。お子様の理解度に合わせて、「文字数」か「音数」で説明して下さい。

「音数」について最初から理解させたいという方は、具体的にどんな短歌があるのか見せると良いでしょう。

もちろん、最初から「音数」について理解していなくても、大丈夫です。子どもは、理屈よりも、感覚的に覚えていく方が得意です。作っていくうちに、リズムや感覚で音数を覚えていけば大丈夫です。また、字余りや字足らずもそこまで気にしなくてOK。

大事なのはリズムです♪

②「素直な気持ち」を表現すること。

最初に述べたように、何か「いいこと」「うまいこと」を絞り出さなくて良いのです。子どもの素直な気持ちをありのままに表現しましょう。

実際に小学生が作った短歌を紹介します。

◆小学3年生の即興短歌

風を感じて自分の素直な気持ちをダイレクトに表現してます!大人だったら、何か比喩しなきゃ…擬人化しなきゃ…と思いますよね?

でも、この作品は単純な言葉の組み合わせなのに、なぜか心に響きます。「素直な気持ちをダイレクトに表現する大切さ」を痛感した作品です。

◆幼い頃に筆者が作った短歌
x.com

筆者はもう大人のようですが、子どもの頃に作った短歌を今でも覚えているようです。まさに日常の中で思いついた短歌です。

この短歌から筆者の日常を思い浮かべることが出来ます。日常のことだからこそ、誰しも何となく経験があるから、親近感も湧きますね。

こんな風に、読んだ人がくすっと笑えるのも短歌の良さです。

◆「コツコツ短歌コンクール」作品
コツコツ短歌コンクール 結果発表 TANAKAホールディングス株式会社

TANAKAホールディングス株式会社が主催している短歌コンクールです。夢や目標に向かってコツコツ努力していることをテーマに作る短歌。

学年ごとに作品が紹介されています。お子様が作る時の参考にしてみて下さい。

作り方

①書きたいこと(テーマ)を決める

冬休みの思い出や日常生活のことでも何でもOK。子どもからなかなか出てこなかったら、親子で冬休みを振り返るのも良いでしょう。

親子で日常を振り返るって、あまり無いですよね?

子どもが印象に残ってることは、大人の想いとは違うこともあり、新たな発見になるかも!きっと楽しい会話になること間違いなしです。

※どうしても決まらないという場合は…「スマホ写真を振り返る」という手もあります。しかし、これは奥の手にした方が良いでしょう。後に詳しく説明しますが、短歌の良いところは、脳内でイメージしたものを表現することです。

スマホ写真で視覚的に思い出を捉えると、脳内イメージ力が薄れてしまいます。かと言って、ずっと決まらないのも辛いものです。奥の手として潜めておきましょう♪

②どんな気持ちだったかを書き出す

「嬉しい」「悲しい」「悔しい」「ありがとう」

素直な気持ちを書き出してみましょう。

③何が、何を、いつ、どこで、を単語で書き出す

これらの情報を加えることで、読んでいる人が情景を思い浮かべやすくなります。

例えば、クリスマスでサンタさんにもらったゲーム機について…

「クリスマス」「サンタクロース」「くつした」

「スイッチ」「朝目覚めたら」

「まくらもと」「寝てる間」

「寒い夜」「クリスマスツリー」などなど

④書き出した単語をパズルのように当てはめて完成!

5・7・5・7・7の並びにしましょう。

「スイッチが 楽しみ過ぎて 寝れないの だけど寝なきゃ サンタは来ない」

音数 5・7・5・6・7 となりました。リズム良いし、もちろんこれでもOKです!

でもすっきりと音数をあわせたい方は、単語の言い換えにチャレンジ!

「ワクワクが 止まらないから 眠れない だけど寝なくちゃ スイッチ来ない」

音数 5・7・5・7・7 となりました。

同じ意味、似た意味で違う単語を探してみましょう。語彙力を鍛えることが出来ますよ。

なぜ冬休みや夏休みに短歌の宿題がでるの?

続いて、どうして短歌が冬休みの宿題として出るのか?学校側はどんな意図があるのでしょう?

結論は、「気軽に取り組みやすくて、言葉の表現力が豊かになるため」です。

短歌は、作文よりもはるかに取り組みやすい題材です。宿題を出す側の先生としても、出しやすいのでしょう。さらに、短歌作りはたくさんの言葉を思い浮かべますね。

言葉の言い換えをすることで、語彙力を鍛えることも出来ます。

小学生向け おすすめの冬の短歌テーマは?

小学生におすすめのテーマを3つ紹介します。

正月

冬休みと言えばお正月!おせち料理に、年賀状、お年玉…楽しいことが盛りだくさんですね。

お正月に限らず、イベントは日常と違って印象に残りやすいです。色んな感情が湧き上がるため、言葉も出てきやすいはず。

冬と言えば、子どもが楽しみしている雪。大人は雪かきや交通手段が無い…と気がかりなことも多い雪。

雪国育ちの私も、毎年初雪は楽しみにしていました。朝方雪が積もると、庭が白い世界に変わっているのを毎年喜んでいたものです。その光景は、大人になった今でも忘れません。

雪が降らない地域もありますね。しかし、雪を楽しみにしている気持ちや、雪のように見える何かを連想して一句、作れますよ。

マスク

コロナでマスク生活が当たり前になり、冬ならではのものではなくなりつつありますが…子どももマスク着用で小学校に通っていますよね。

そんな時期だからこそ、マスクに対して、関連して、思うことが必ずあるはずです。

短歌をつくってみよう!

実際に短歌を作ってみましょう!

読んでいる人が、情景を思い浮かべやすいように「いつ、どこで、何が」を意識して作りましょう。

正月

私は子どもの頃、年賀状を家族一人一人に振り分ける役をしていました。

その時の気持ちを思い出して一句。

「ポストまえ 待ってました 年賀状 あとは私に まかせてね」

家族7人で暮らしていた私にとって、年賀状の振り分けは大好きな役割でした。

「ポストまえ」で、待ち遠しく楽しみにしていた「感情」を表現しています。「年賀状」を季語として入れたことで、「お正月の出来事」であることが分かります。

降り積もったばかりの新雪は、フワフワで飛び込みたくなります。

その時の気持ちを思い出して一句。

「ゆきだるま 作るよりまず 飛び込もう このフワフワが たまらないのよ」

「たまらないのよ」で新雪を楽しみにしていた「感情」を表現しています。また、語尾に「のよ」を加えることで音数を調整しています。

「ゆきだるま」を季語として入れたことで、「冬の出来事」であることが分かります。

マスク

冬といえば、風邪を引きやすい時期。風邪予防として役に立つだけでなく、寒さを和らげてくれるマスク。でも、息がしにくくて苦しいことも。

その気持を表して一句。

「かみマスク 寒さと風邪を 予防する しゃべりすぎると 息続かない」

「息続かない」で、苦しい「気持ち」を表現しています。「寒さと風邪を」で、冬の出来事であることが分かります。

小学生が考えた短歌の作品集を掲載しているサイト

「しきなみ子供短歌コンクール」作品集

「第16回しきなみ子供短歌コンクール」入賞速報 | 一般社団法人倫理研究所

短歌で使える冬の季語

短歌には季語を入れる決まりはありません。

しかし、季語を入れることは、情景を表現しやすくなるという利点があります。

ぜひ取り入れてみて下さい。

セーター 、 毛布、 マフラー、 手袋、おでん、暖炉、ストーブ、こたつ、風邪、咳、きつね、ゆきうさぎ、かに、 落ち葉、白菜、クリスマス、大晦日、氷、つらら、スキー、スケート、霜柱、、お年玉、きりたんぽ(郷土料理)、年越しそば

どうしても短歌が作れない!参考になる本やサイトは?

ルールや作り方が分かったとしても、なかなか短歌を作れない…とお悩みの方。

短歌に関する本や教材、サイトをご紹介します。ぜひ参考にしてみて下さい

①ちびまるこちゃんの短歌教室

短歌といえば、思い出すのは「ちびまるこちゃん」の祖父、ともぞうさん。

アニメの中で、まるちゃんとの日常を短歌に表していますよね。マンガ形式のため、で小学生でも読みやすい本です。

アマゾンのサイトで、最初の数ページを試し読みも出来るので、ぜひご覧下さい。

②マンガで覚える 図解 俳句 短歌 川柳の基本

こちらもマンガ形式で読みやすい本です。

短歌だけでなく、俳句や川柳についても解説しています。クイズも出されており、遊び感覚で読み進められるのでおすすめです。

③ドラえもんの国語おもしろ攻略 俳句・短歌がわかる

みんな大好きドラえもん!こちらは、作文や入試にも役立つ内容になっています。

小学生なら、高学年向けの本です。

④幻冬舎 57577 ゴーシチゴーシチシチ(教材)

短歌について知る、気軽に触れるならこちら!カードゲームの教材です。

まずは、短歌を感覚で学びたいという親子向けです。遊んでいるうちに、自然と5・7・5・7・7のリズムをお歩言えることが出来ますよ!

お正月のカルタ遊びの代わりにピッタリ!

⑤冬の短歌20選(サイト)

【冬の短歌 20選】小学生向け!!冬らしいおすすめ短歌作品を紹介!
...

本や教材を購入するのはひと手間。

もっと気軽に短歌作りのヒントが欲しい、という方はこちらを参考にして下さい。有名な冬の短歌から、子どもの日常を描いた可愛らしい短歌まで、幅広く紹介されています。

短歌が詠めるようになるとどんなメリットがある?

短歌のメリットは?将来的にどんな役にたつの?

短歌作りは右脳と左脳を発達させ、感受性、表現力を高めることが出来ます。表現力は創造力・コミュニケーション能力につながります。

右脳と左脳の発達とは、どういうことか?

言語や計算など論理的な思考を司るのが左脳。絵画や音楽など感覚的、空間的な認識を司るのが右脳

短歌を作る時は、ある場面を思い浮かべながら言葉を考えますね。しかも韻を考えながら、決まった文字数におさめるという作業も行います。

短歌作りは、右脳でイメージした場面を左脳で受け取って、言葉に表しているのです。

※他の人が作った短歌を詠む時は、この逆になります。

つまり、短歌とは、右脳と左脳をバランスよくフル活用できる、理想的な脳の使い方なのです。さらに、視覚だけでなく、聴覚、嗅覚、味覚、触覚といった五感もフル活用します。

様々な感覚を言葉に表現することで、自然と語彙力が増え、表現力も豊かになります。その表現力は創造力・コミュニケーション能力の向上・心の成長につながります。

短歌で稼いでいる人はいる?短歌のプロっているの?

「短歌作りのみ」を仕事としている人は、いません。「詩」まで範囲を広げると、ほんのひとにぎり、います。詩歌の創作だけでは、ほとんどの人は食べていけないのです。

俳句や短歌では一句や一首あたりの原稿料はおよそ数百円です。

では、詩歌で生計を立てている人は、どのように生活しているのでしょうか?

まずは、出版社などで行われるコンテストに入選して、世に名前を知られるようになります。そこから、自費出版や同人誌などを通じて、読者を得ることが多いです。

短歌作りを本業にしている人は、ほとんどいません。しかし、短歌コンクールなどをよく新聞や雑誌で見かけます。

短歌作りを趣味にしている人は、多いということですね。

まとめ

 

●短歌の作り方・ルールとは?

  • ルールは2つ
    1. 5・7・5・7・7 の音数
    2. 素直な気持ちを表現すること
  • 作り方
    1. 書きたいこと(テーマ)を決める
    2. どんな気持ちだったかを書き出す
    3. 何が、何を、いつ、どこで、を単語で書き出す
    4. 書き出した単語をパズルのように当てはめて完成!

●小学生向け おすすめの冬の短歌テーマは?

  • 正月:非日常であるイベントは、書きやすい。
  •  冬ならではの、みんなが楽しみにしているものは、書きやすい。
  • マスク:毎日触れているマスクには、思うことがたくさんあるはず。

●短歌をつくってみよう!

  • 上記3つのテーマで簡単な短歌作りに挑戦!
  • それぞれの短歌のポイントも解説

●どうしても短歌が作れない!参考になる本やサイトは?

  • 参考になる本や教材、サイトを5つ紹介

●短歌が詠めるようになるとどんなメリットがある?

  • 右脳と左脳がバランスよく発達
  • 表現力・感受性が豊かになり心の成長につながる
  • 創造力、コミュニケーション能力の向上

●短歌のプロはいる?

  • 短歌だけのプロはいない
  • 詩歌のプロならほんのひとにぎりいる

「短歌」に対するイメージは変わりましたか?

身近な話題を、単語に書き出して、それを並べ替えるだけ。とても単純な作業です。それを分かって頂けたら、あとはもう行動するのみです。

当たり前ですが、これを読んだだけは、お子様の宿題「短歌作り」は進みません。まずは、小さな一歩から踏み出しましょう!

その場ですぐに出来るのは、「短歌にしたいテーマを考える」ことです。「冬休み、何が楽しみ?楽しかった?」という会話から始めてみましょう。

お父さん、お母さんの右脳と左脳もフルに活用しながら、親子で一緒に短歌作りを楽しめることを願っています。

■こちらも読まれています。
・ 冬休みの作文の宿題攻略法!学年別小学生が書くべきテーマと素早く書くコツ!
・ 冬休みの宿題の俳句の作り方と例!小学校1年生〜6年生向け
・ 冬休み読書感想文の小学生低学年向けの書き方!おすすめの本も学年別に紹介!
・ 冬休み読書感想文の小学生高学年向けの書き方!おすすめの本も学年別に紹介!

タイトルとURLをコピーしました