PR

受験を失敗した時の親の対応ガイド!励ましの言葉はいつかける?

受験生をかかえているご家庭は、例年の年末年始とは違う毎日を送られていることでしょう。

一生懸命勉強している子もいれば、エンジンがかからないでやきもきしている親御さんもいらっしゃるでしょうね。

  • 心配で何も手につかない
  • 何をしてあげればいいのかわからない
  • 落ちたらどうしよう
  • 勉強しないからイライラする

私も人の親として気持ちはわかります。

「親が受験するわけじゃないんだから」と頭ではわかっていても、「どうしよう」って気ばかり焦るんですよね。

今回は、

  • 「第一志望に落ちてしまったときの子供の心境」
  • 「受験に失敗をした子供に親はどう対応する?かける言葉は?」
  • 「第一志望受験に失敗をした場合は?」
  • 「滑り止め受験も失敗をしてしまった場合は?」

という内容で、それぞれ高校受験、大学受験に分け、体験談や他の親御さんのご苦労などもご紹介しながら解説します。

読み終えた後は、心が少し落ちくことでしょう。

第一志望に落ちてしまった!子供の心境は?

受験戦争真っ只中の子供に対して、親が出来ることは何か?かけてあげられる言葉は何か?と考えるのはもっともです。

何ができるかを見つけるためには、お子さんの心理状態を考えることから始まります。

合格発表前、子供さんはどのような気持ちでしょうか。

  • 落ちたらどうしよう、かっこ悪いな
  • 分大丈夫だと思うけど…
  • まあ滑り止めもあるしな
  • 一緒に受験する子だけ受かったらイヤだな
  • 早く受験勉強から逃れたい

残念ながら不合格だった場合は、

  • 悔しい、悲しい
  • やっぱりダメだったか
  • お母さんを悲しませてしまった
  • (浪人するなら)また辛い一年がはじまるのか…
  • 何もする気が起きない

などと年代に関係なく、辛い気持ちは同じですよね。それを踏まえて何ができるか考えてみましょう。

受験に失敗をした子供に親はどう対応する?

受験に限らず子供が壁にぶつかっている時に、まず親がすべきことは、「そっと見守る」ことです。

口を出さずに、温かい心と目だけを子供に向けるのです。

何か言ってあげたい、してあげたいと思うかもしれませんが、とやかく言い過ぎたり励ましすぎるは逆効果。

そっと見守り、子供のほうから何か言ってきたときがチャンス。その子の心情に合わせて共感し、適度に励ましてあげるのがいいでしょう。

  • 「落ちたらどうしよう」→「そうだよね、心配だよね」
  • 「悔しい、悲しい」→「お母さんも悔しいよ」
  • 「早く受験勉強から逃れたい」→「そう思うのも無理はないよね」

「君の気持ちはわかってるよ」ということを伝えることです。

また愛情の伝え方は言葉ばかりではありません。

お母さんなら、「好きなご飯を作ってあげる」とか「一緒に美容院に行く」など、言葉以外でも愛情を伝えられるシーンがたくさんあるでしょう。

お父さんの場合は、日頃子供と話す機会も少ないでしょうから、子供が望めばゆっくり話を聞いてあげるのもいいと思いますよ。

「なぜ失敗したのか」「(滑り止めがあれば)今度こそ大丈夫だよね」と、終わったことをくどくどいったり、過度なプレッシャーをあたえるのは「青菜に塩」ってもんですよ。

第一志望受験に失敗をした子供にかける言葉は?

言葉を考える前にまずすべきことは、「子供の気持ちを考える」つまり心境を察することです。

例えば子供さんがそれほど落ち込んでいないのに、「そんなに凹まないでさ、切り替えよ!」とでも言えば、「落ち込んでるのはお母さんの方でしょ!」と笑い話になりかねません。

その子はもう前を向いているのです。

このことは、実は子供だけに限らず、大人の人間関係でも同じです。その言葉が心に響くのは、「その人が求めている言葉」だからです。

「何を求めているか」=「心情を察する」ことです。

高校受験

中学3年生という年頃は、良くも悪くもグンと大人になる時期です。夢がある子はその夢を叶えるために志望校を決めたはずです。

  • 親の期待を裏切ってしまった
  • 親にお金の負担をさせてしまった
  • 夢なんて所詮かなわないよね
  • まあいっか、高校で遊んじゃお

努力したってやっぱりダメだったじゃん、とか妙に達観するような事も言う年頃です。その反面、目標や夢をあきらめきれないと思っていることを忘れないで上げてください。

  • 「よく頑張ったね」
  • 「(滑り止めがあれば)切り替えて頑張ろう!」
  • 「(お金のことを心配していれば)心配しないで!ちゃ~んと計画してるから」
  • 「〇〇学校の部活も評判いいよ」
  • 「敗者復活戦があるよ!」

と気持ちに共感しながらも、未来のことをイメージさせて夢を忘れないように応援してあげましょう。

「部活ばっかりしてるからだよ」「あれほど(勉強しなさいって)言ったじゃん」なんて言葉はNGですよ。

大学受験

高校3年生といえば、もう大人です。自分の生き方について考えていることでしょう。

  • エンジンかけるの遅すぎたかな?
  • 浪人するのも面倒だな
  • 人生なんてこんなもんさ
  • 一浪くらいみんなしてるし

と、以外とクールで客観的に見ているかもしれません。

  • 「残念だったね」
  • 「これで人生終わりじゃないから!」
  • 「どうするかは〇〇が決めていいんだよ」
  • 「いつでも相談にのるよ」

と「大人」として認めた声かけがいいでしょう。

どうしろこうしろとあえて言わず、子供の考えを尊重すべきです。その代わり何か相談してきたら、家事の手を休めしっかり聞いてあげてくださいね。

タイトルとURLをコピーしました