PR

謝恩会実施後のアンケート例文とまとめ方!回答率を高めるには?

クリスマス・お正月・卒業式! 年末年始は飛ぶように時間が過ぎていきますよね。

そろそろ謝恩会についてどうするか? なんて話も少しずつ話題になっている頃だと思います。もう実行委員に選ばれた、という方もいるのではないでしょうか?

謝恩会は、卒業式などの学校の公式行事とは異なり、自由度が高いので、逆にどうしていいのか困ってしまいやすいイベントですよね。

私も大学の時に実行委員長をしていました。その中で1番困ったのが、「謝恩会とは?」と何も分かっていなかった段階の時に、引き継ぎの方が本当に適当で何も教えてもらえなかった事です。そのためゼロベースで考えていくしかありませんでした。

謝恩会実施委員に選ばれたみなさんも、こんな経験ありますよね?

自分たちが引き継ぎを行う際には、こんなことにならないようにしたいものですね。次年度も、より良い謝恩会にしていくためにも、会実施後のアンケート作成をおすすめします。

またご自分たちがこれから取り組まれる謝恩会が、みんな満足してくれたのか? 楽しんでもらえたのか? を知るためにも、実施後のアンケートを取ることをおすすめします。

そこで今回は、謝恩会実施後のアンケート作成やまとめ方のポイントを、例文をご紹介しながら説明していきます!

ポイントが分かれば思っているより簡単にできます(*^^*) なにより、アンケート作成や集計にとっても便利なツールもご紹介するのでご安心ください! これを使えば誰でも簡単にアンケートが取れますよ♫

10分以内で読める記事ですので、書いてあることを実践してもらうだけで、すぐにでも素敵なアンケートが作れちゃいますよ。

それではさっそくいきましょう。

謝恩会実施後のアンケートが重要な理由

謝恩会実施後のアンケートを取得するのが重要である理由は?

人が多く集まれば集まるほど、たくさんの意見が出てくるものですよね。全員に喜んでもらえるイベントを行うことってなかなか難しい!

特に、謝恩会は会場や費用の設定・子供も参加するのかどうか?・出し物はするのか?などで意見や不満が出やすいイベントです。

実行委員に選ばれた方は、企画段階から実施まで本当にたくさんのことに気を使って取り組んでおられると思います。

でも、実施前からあまりにも全員の意見を聞きすぎると、企画がまとまらず話が進まないということもあり、頭を悩ませてしまいますよね(´;ω;`)…

できる限りのところまでは、企画の骨格は役員で決めていく方が進めやすいので、参加者のことを考えながらも、そうやって役員で決めていく場合が多いと思います。

だからこそ! 謝恩会実施後にみなさんが楽しい時間を過ごせたのかどうか、満足してもらえたかどうかをアンケートで確認することが重要です。

自分たちの考えたプランがどう評価されたのかを確認しましょう。委員会のみんなで頑張ってきたことが満足度となって目に見える形で返ってくると嬉しいですよ!

アンケート結果をどのように活用する?

アンケート結果は集計して、次年度の委員さんへの引き継ぎに活用しましょう!

「えっ、引き継ぎの資料なんて必要なの?」という声が聞こえてきそうですが・・・

確かに、企画から実施までは頑張っても、来年の方のためにまで資料を残したりする労力を割けない場合が多いんですよね。

でも謝恩会が終わって、はい終了!と放置しておくと、1年後の引き継ぎをする時には「あれ?どうだったっけ??」となりがちです…(TдT)

謝恩会委員に選ばれた方がまず困ることは、『去年の引き継ぎが適当で、どうしていいのか分からない』ということではないでしょうか?

自分たちがやる時も、「去年の方がちゃんと引き継ぎをしてくれれば、もっとスムーズにいくのに…」って事がたくさんあったのではないでしょうか?

謝恩会が終わって役員からすぐにでも開放されたい気持ちは本当にわかりますが、ぐっとこらえてあともうひと踏ん張りしてみてくださいね。

謝恩会実施後のアンケートで聞くべき項目は?

アンケートと言われても何を聞けばいいのか分からないですよね。

そこで、謝恩会実施後のアンケートで聞くべき項目をご紹介します!

アンケートで聞くべき項目

1 場所

開催場所は、家の場所や、車か電車か?、また価値観の違いで意見が出やすい項目ですので、参加者のみなさんに開催場所を満足してもらえたかどうかをチェックしましょう。

2 費用

費用も同じように不満が出やすい項目。妥当な金額設定だったのか要チェックです。

3 開始時間

働いているかどうかや、兄弟がいるいないで意見が分かれやすい項目ですね。

4 出し物

その出し物はいらないのでは?とみんなが思っているものがあったら残念ですよね。参加者のみなさんが楽しめる出し物になっていたのか確認してみましょう。

5 出し物や挨拶など会の進行の時間配分

出し物やお楽しみ要素が多すぎる会は、ゆっくり先生とお話ができなかった、もっと先生に直接感謝を伝える時間が欲しかった、などの不満に思う方もいるようです。自由時間・歓談の時間は妥当だったか?等の確認も大切ですね。

6 先生に感謝の気持ちは伝わったか

謝恩会の1番の目的はここですよね。参加者全員が「先生に喜んでもらえたなぁ」と思える企画になっていたのかどうかを確かめてみましょう。

7 子供たちは楽しめていたか (大学の場合はこの項目は無しですね)

第2の主役は子供たちです。大人ばかり楽しむ内容になっていなかったか、一部の子供たちだけで盛り上がっていなかったか、などの確認も大切です。

 

1~7の聞き方は、選択式がおすすめです。

簡単に回答できるので、答えてもらいやすくなりますよ!

記述式の質問項目のおすすめもご紹介します。

8 特に良かったことはありますか?

9 残念だったこと/改善事項などお気づきのことはありますか?

 

のように、漠然とした自由記入欄は回答率は低くなってしまいやすいですが、全体を通して意見がある方の貴重な声も聞きたいという場合は、最後に自由回答で記述式の設問を入れるのもよいでしょう。

人によっては積極的に回答してくれる方もいますよね。何なら言いたい事がある方もいるかもしれませんが(^ν^;)!

謝恩会実施後のアンケート協力の例文は?

先ほどご紹介した聞くべき項目を踏まえて、実際に例文を考えてみましょう。

アンケート実例

この度は謝恩会へご参加頂き誠にありがとうございました。皆様のおかげで素敵な会を開催することが出来ました。

ここで謝恩会委員からアンケートのお願いです。ぜひ皆様のご意見をお教えください。

アンケート結果は、委員会にて今回の実施内容の是非を検討すると共に、次年度の開催がより良いものとなるように活用させて頂きます。

設問は9問で、所要時間は2分程度です。◯月◯日までに回答をおねがいします。

ご多用な中、恐縮ではございますがご協力よろしくお願い致します。

1 場所

□とても良かった □良かった □まぁまぁ □どちらともいえない □良くなかった

(改善点があればお教えください:                   )

2 費用

□とても高かった □高かった □ちょうど良い □安かった □とても安かった

(改善点があればお教えください:                   )

3 開始時間

□とても早かった □早かった □ちょうど良い □遅かった □とても遅かった

(改善点があればお教えください:                   )

4 出し物

・A  □とても良かった □良かった □まぁまぁ □どちらともいえない □良くなかった

(改善点があればお教えください:                  )

・B  □とても良かった □良かった □まぁまぁ □どちらともいえない □良くなかった

(改善点があればお教えください:                  )

5 出し物や挨拶など会の進行の時間配分

・挨拶  □とても長かった □長かった □ちょうど良い □短かった □とても短かった

・出し物 □とても長かった □長かった □ちょうど良い □短かった □とても短かった

・歓談  □とても長かった □長かった □ちょうど良い □短かった □とても短かった

6 先生に感謝の気持ちは伝わったか

□とても伝わったと思う □伝わった □まぁまぁ □どちらともいえない □伝わっていない

タイトルとURLをコピーしました