PR

小学校謝恩会を欠席したい!理由はどうする?子供を傷つけずに伝えるには?

小学校ご卒業おめでとうございます。

6年間楽しいこと、辛いこと、頑張ったこと・・・・お子様もお母様もたくさんあったかと思います。卒業式で会うのが最後になるお友達も中にはいるでしょう。毎日のように顔を合わせていた先生方と会うのも卒業式で最後です。先生方に感謝の気持ちをこめて謝恩会を行う小学校もありますよね。

そうです。この謝恩会。じつは、苦手というかたも少なくないのです。

  • 卒業式だけでいいのに・・・
  • 大人数で集まるのは苦手なのよね・・・
  • 子どもだけで参加してくれないかしら・・・

そう思っている方もいらっしゃるのでは?

逆に

  • 参加したいのにその日は予定があって参加できない
  • 仕事でどうしても都合がつかない
  • 当日になって体調が悪くなった

など、参加したくてもできないという方もいるでしょう。

  • そもそも、謝恩会って何?
  • 何をするの?
  • 何で卒業式だけじゃないの?

という疑問にもお答えします。

  • 欠席したら子供がかわいそう?
  • 絶対参加しないといけないの?
  • 当日欠席連絡をしたらどうなるの?

そう考えるお母様方もいるのではないでしょうか?

謝恩会を欠席したいと思っているお母様、朗報です。

これから、角が立たずに謝恩会を欠席する方法をいくつかご紹介いたします。

小学校の謝恩会、親も出席が必要な理由は?

まず、謝恩会とは具体的には何かご存知でしょうか?

飲んだり食べたりしながらお話しをする会?何か出し物があったり、お話したりする会?

どれも正解ですが、正確には【恩師に感謝を伝える会】です。

謝恩会の内容が食事をしたり、出し物があったりということです。本質としては、先生方に感謝を伝えることが目的なのです。

なので、卒業式の主役は「子供」、謝恩会の主役は「先生」ということです。本来ならば、直接お世話になった人、つまり生徒である子供たちが率先して開くものですが、まだ12歳の子供たちが、企画、運営、お金の管理をすべてこなすのはなかなか難しいですよね。

その為、保護者の協力が必要になってくるのです。卒業式の後にそのまま学校で行うところや、一度帰宅してから別の会場で行うところ、別日に行うところなど、小学校によって様々です。例年の流れにそって行われることが多いので、自分の小学校はどのタイプか事前に調べておくとよいですね。

どちらで行うにしても共通していることは、先生方に花束や記念品を贈ること。そして、食事やお菓子を食べながら、思い出話をして楽しむということです。飲食をしながらおしゃべりするだけでは物足りないので、思い出を振り返るスライドショーを行ったり、保護者が余興を行ったりもします。

子供たちは、日ごろお世話になった先生方に感謝の気持ちを伝えることもでき、みんなでおしゃべりもできる楽しい会だと参加したい気持ちが強くなりますよね。

小学校の謝恩会を欠席したい!(行きたくない)どのように伝える?

謝恩会を開催する意味も保護者の協力が必要なのもわかりました。

それでも私は参加したくないんです・・・という場合。どのように伝えれば角が立たずにすむのか真っ先に考えますよね。

では、もっともらしい欠席理由を3パターン見ていきましょう。

その1:その日は家族で過ごす予定なので、謝恩会は欠席します

家族で過ごすのではしかたがないですよね。

もちろん、本当に家族で過ごすのもよいと思います。卒業のお祝いに子供の好きな所に行ったり、いつもよりちょっといいお店に行ったり、苦手な場所で過ごすより有意義な時間が過ごせますし、子供にとってもいつもと違うところでお祝いしてもらえるのはうれしいですよね!

その2:両親(義両親)がお祝いに来るので謝恩会は欠席します

卒業式の孫の姿を一目でも見たい、一緒にお祝いしたいというおじいちゃん、おばあちゃんもいるでしょう。

嘘も方便。本当にお招きして一緒にお祝いするのもいいのではないでしょうか。そうすれば、欠席しても後ろめたさがなくなるのでは?

その3:どうしても休めない仕事があるんです。

卒業式の時間だけは空けられたが、すぐに仕事に戻らなければならない、別日に行うにしてもその日はどうしても抜けられない、など、仕事が理由ならば、しかたがありませんよね。

今は働いているお母さんも多いので、理解してもらえるでしょう。

欠席をしたい場合の子供への伝え方は?

親は出席したくなくても、子供にはっきりと「お母さんは行きたくない」と言うのもなかなか難しいですよね。

その場合は、「お母さん、たくさん人がいるところは苦手なの。すぐ疲れてしまって、あなたにも迷惑をかけるかもしれないから欠席してもいいかな?」と優しく子供に尋ねてみましょう。

タイトルとURLをコピーしました