PR

不合格になった人にかける言葉メール・LINE例文!子供・友達・知人の子・親戚など

毎年受験シーズンになると、受験生がお友達や親戚に1人くらいはいるもので結果が気になることでしょう。

ましてや我が子なら、心配で何も手につかないといっても過言ではないでしょうね。合格すればいいけれど、不合格だった時のことを考えると、今から頭が痛いものです。

私も子供が受験の時に、不合格だったら開口一番なんて言おう、どんな顔をすればいい?とかいろいろ考えて、そのシーンを1人でイメージトレーニングしてたくらいです。

今となっては笑い話ですけどね。

皆さんも「あの人の何気ない一言すくわれた」という経験があるでしょう。心に響く言葉というのは、その時の状況や相手によっても違うはずです。

この記事では、

  • 受験で不合格になってしまった人の心境
  • 受験で不合格になってしまった人にメール・LINEで連絡するときの注意点
  • 不合格になった人にかける言葉メール・LINE例文「自分の子供向け」「友達向け」「親戚向け」

など、不合格だった相手やシーンごとにかける言葉をまとめてみました。

突然その状況を目の前にするのと、少し心構えをしておくのでは対処の仕方も違うでしょう。あなたの一言が、きっと誰かを助けます。是非参考にしてください。

受験で不合格になってしまった人の心境は?

一生懸命努力したのに結果が不合格だった時、ニコニコと笑って過ごせる人は少ないでしょう。

  • 「もうダメだ。もう終わりだ」
  • 「誰にも会いたくない」
  • 「親に申し訳ない」
  • 「友達に知られたくない」
  • 「あんな簡単な問題もわからなくて、ホントに情けない」
  • 「友達も落ちてほしい」
  • 「そっとしておいてほしい」
  • 「努力なんて無駄じゃん」

って思いますよね。

共通してるのは、「できればそっとしてほしい」「1人にさせてほしい」という思いではないでしょうか。

今はそっと見守ってあげるのが一番のくすりです。向こうから話かけてきたら、ふんふんそうだね、悔しいよね、頑張ったよねと共感してあげてくださいね。

いっぱい励ましてあげたい!と思うかもしれませんが、それは少し気持ちが落ちついた頃にしましょう。辛さがピークの頃は、同情や優しさに対し、応援してくれた人に申し訳ないと思ったり、よけい自分の情けなさを感じたりと、逆効果になる場合もあるからです。

明るく励まそうとしても、

  • 「別に命取られるわけじゃないし」    →(それ言われちゃおしまいでしょ…)
  • 「受験に落ちたくらいで落ち込むなよ!」 →(ぐらいって何よ!ぐらいって)
  • 「〇〇なら絶対合格すると思ったのにな…」 → (絶対なんてありえないから!)
  • 「すぐに追いつくよ」          →(他人事だと思って簡単にいうな!)

ってなりませんか?

言った人にすれば悪気はなく、元気づけるつもりだと思いますが、受験に失敗した子は想像以上にデリケートです。

努力を軽視する言葉や、いかにも分かった風に言うことはやめましょう。また、気ををつかいすぎて腫れ物にさわるような態度は、居心地の悪いものです。

話し方や態度はいつもどおりにしてあげてくださいね。

受験で不合格になってしまった人にメール・LINEで連絡するときの注意点

最近の連絡手段は、ほとんどメールか電話かLINEですよね。親子やお友達ならほとんLINEでしょう。

LINEやメールは便利な半面、言葉の裏にある微妙な感情までは伝わりにくく、意味を誤解されて「そんな意味じゃないよぉ」って言い訳したことありませんか?

電話なら、相手が悲しそうだとか、何だかうれしいそうだとか声でわかりますが、文字ではわからないこともありますよね。

合格・不合格もLINEで知る事が多いと思います。

LINEのメリットは直接会話をしをしなくていいので、落ち込んでいる人にとっては多少気がラクですよね。

反面、心がすさんでいる時って、いつも以上に相手の言葉に敏感になっているものです。

  • 「既読ついてないけど、わざとスルーしてる?」
  • 「スタンプだけ来たけど、その程度のことなの?」
  • 「私の気持ちも知らないで、自分のことばっかりしゃべってるし!」

と、いつもなら何でもないことも、気になってしまうかもしれません。

そんな被害妄想!なんて思わないでくださいね。それだけ心が折れてる証拠ですから理解してあげてくださいね。

最低限のマナーとして、結果が出てから数日は、こちらから積極的に送信するのは控えたほうがよいでしょう。

また、LINEで不合格のことにサラッと触れ、落ち着いた頃に直接会って話を聞くのもよい方法だと思いますよ。

不合格になった人にかける言葉メール・LINE例文:自分の子供向け

残念ながら我が子が不合格だった場合、親御さんもしばらく辛い日々が続きますね。

高校や大学受験で子供だけで発表を見に行き、LINEで連絡がくるパターンもあると思います。おそらく文面は「ダメだった」とか「落ちた」とか一言でしょうね。

それに対するお返事も、

  • 「お疲れさん」「よく頑張ったね」「気をつけて帰ってきてね」「連絡くれてありがとう」
  • 「お母さんがいつも応援してることを忘れないでね」
  • 「よく頑張ったと思うよ。お母さんで良かったらいつでも話聞くよ。LINE待ってるね」

シンプルに返すのが良いでしょう。いきなり長文がきたら、「うざっ」と思われるかもしれません。

タイトルとURLをコピーしました