PR

1月のビジネス挨拶例文集!季語がない場合の書き方は?

1月は新しい年の始まりです。

新年の挨拶等で忙しく過ごされる方も多いのではないでしょうか。ビジネスの場面でも新年の挨拶は欠かせないものです。しかし、社会人になりたての方にとってはビジネス挨拶文を作成することは難しいことですよね。

例えばこんな悩みがあるのではないでしょうか。

  • 季語ってどうやって使うの?
  • 1月の季語は?
  • ビジネス挨拶文のマナーは?

私も新社会人の時はビジネス挨拶文の書き方やマナーがさっぱりわからず、頭を抱えて悩んだのを覚えています。 

今回は私が営業として働いていたときに先輩や上司に聞いた情報やサイト等でリサーチをした内容をもとにビジネス挨拶文の書き方・マナーのお悩みを解決します。また、書き方やマナーを理解してもいきなり書くのは難しいので例文集も用意しました。 

この記事を読めば、ビジネス挨拶文の書き方やマナーを理解し、社会人らしいきっちりとした挨拶文を贈ることができますよ。 

ビジネスで使える1月の季語一覧

ビジネス挨拶文は季語を含めた文章を贈ります。季語といってもどんなものがあるのでしょうか。今回は1月に使用する季語を一覧にしました。 

1月の季語一覧 

  • 新春(新年のこと) 
  • 大寒(二十四節季の一つ)
  • 極寒(極めて寒いこと)
  • 初春(春の初め) 
  • 迎春(新年を迎えること) 
  • 年始(年の始め)
  • 厳冬(寒さが厳しいころ)
  • 寒冷(冷ややかなこと)

季語の使い方は?ルールは? 

季語の使い方としては一般的に「時候の挨拶」に入れます。 

  • 「○○の候、ますます~」

上記のような書き出しが時候の挨拶で○○の部分に季語を入れます。 

季語は使わなくてもいいの? 

ビジネス上の挨拶文では基本的に季語は使いましょう。

挨拶文はその季節に合った季語を盛り込み季節感のある文章を贈ることがマナーとされています。基本的には季語を使うようにしましょう。しかし、特定の場合は季語を使わなくても良い場合があります。それは急ぎの場合です。

  • 頭語=「急啓」「急白」
  • 結び=「早々」「敬具」 

急ぎの場合は上記のような頭語と結びにしましょう。 

ビジネス挨拶文の構成やマナーは?

ビジネス挨拶文の基本構成 

「頭語」→「時候の挨拶」→「本文」→「結び」

  • 頭語      =「拝啓」「謹啓」等
  • 時候の挨拶   =季語を含む、「○○の候、ますます~」のような挨拶
  • 結び      =「敬具」等

(例)

拝啓 

新春の候、貴社のますますのご健勝をお慶び申し上げます。

(本文)

敬具

ビジネス挨拶文の基本構成は上記の通りです。基本的には頭語で始まり、時候の挨拶、本文と続き、結びで終わるのが一般的です。

タイトルとURLをコピーしました