大阪で椿の名所3選!見頃はいつ?混雑回避をするには?

まだまだ寒い季節ですが、だんだんと春に向けて椿が見ごろを迎えます。実は椿は数千の種類があり、それぞれ開花時期も違うので見所がたくさんです!

昔から椿は「首ごと花が落ちるから不吉」なんて言われることがあります。これは全くの迷信で、武家がキレイな椿を占領したくて悪い噂を流して一般庶民に栽培させないようにしたと言われています。

椿の全般的な花言葉は「控えめな優しさ」「誇り」。寒空の下、凛と咲く姿は見ているだけで心が和み、愛らしく感じます。

冬から春にかけて咲く椿、古くから日本で愛されている美しい椿の大阪の名所をご紹介します!

冬に開花する椿はどんな植物?一番の見ごろは?

まずは椿はどんな植物なのか、いつが見ごろなのか詳しく紹介します。

椿とはどんな植物?

椿はツバキ科ツバキ属の常緑高木で、光沢のある濃い緑の葉と、その周囲にある上むきの細かいギザギザが特徴です。

椿は日本を代表する花で、日本の書物、万葉集にも記述があるほか縄文時代の遺跡からも椿の種が発見されていて歴史の古い樹木です。

また、その種からとれる「椿油」は髪や肌に良いともされています。

椿の種類と、一番美しい季節や見ごろは?

椿の見ごろは冬のイメージがありますが、実は冬だけではありません。椿は品種改良が進んでいて世界に約5000種あると言われています。

そのため品種によってその花の色や形が違うのはもちろん、開花時期もかなり異なります。早咲きのものは9月から咲くものもあり、遅咲きのものは翌年5月まで咲く花もあります。

秋から春にかけて長く見ごろを迎える花です。

冬の見ごろと冬の椿の種類は?

種類によって開花時期は異なりますが、全国で椿まつりが行われるのはだいたい1月から3月の時期なので冬の間が見ごろになります。

その元祖となるのは日本に自生する「ヤブツバキ」と「ユキツバキ」だと考えられています。

ヤブツバキ

椿の花色、模様、花形などには多くのバリエーションがあり、それぞれに花言葉も違います。

咲き方にも、一重咲き、八重咲き、唐子咲き、牡丹咲き、獅子咲き、千重咲きと多数あり、散り方も花首ごと落ちる場合と、花びらが一枚ずつ散る散り椿という場合があります。

色別にいくつか紹介します。

◉赤い椿・・・侘助(わびすけ)、黒椿(くろつばき)、紅乙女(こうおとめ)他

  • 花言葉:控えめな素晴らしさ、気取らない優美、謙虚な美徳

◉白い椿・・・加茂本阿弥(かもほんなみ)、細雪(ささめゆき)、白鶴(はくつる)他

  • 花言葉:完全な愛らしさ、申し分ない魅力、史上の愛らしさ

◉ピンクの椿・・・乙女椿(おとめつばき)、太郎冠者(たろうかしゃ)他

  • 花言葉:控えめな美、控えめな愛、慎み深い

◉その他

  • 斑ら入り系・・・祝いの盃(いわいのさかづき)、月の輪(つきのわ)他
  • 絞り系・・・唐錦(からにしき)、岩根絞(いわねしぼり)他
  • 覆輪系・・・秀蘭(しゅうらん)、玉の浦(たまのうら)他
  • 黄色系・・・こがねゆり、初黄(しょこう)他

種類は多数になるので動画にて参照してください。

ヤブツバキ

赤、白、ピンクとたくさんの種類と花模様を楽しめるのでお気に入りの椿を見つけるのも楽しいですね。

大阪椿の名所3選! その1:万博記念公園 つばきの森

万博記念公園は、1970年に開催された「日本万国博覧会」の成功を記念して、その跡地に緑に包まれた文化公園です。

「日本庭園」や岡本太郎氏によりデザインされた”太陽の塔”がある「自然文化園」さらに文化・スポーツ・レジャー・宿泊施設が整備されていて、1日じゃ周りきれないほどの大阪で最も大きな公園です。

万博公園には季節によってさまざまなの樹木、花が植えられています。その中のひとつに、「つばきの森」と呼ばれる場所あり、そこには約100品種260本の椿があります。

例年2月中旬ごろから、3月中旬までつばき祭が行われています。同時期に梅まつりも行われており、椿と梅の両方で春の訪れを感じることができます。

万博公園の椿の様子は動画を参照してください。

万博記念公園 つばきの森

基本情報

  • 住所:〒565-0826 大阪府吹田市千里万博公園1-1
  • TEL:0120−1970−89(万博記念公園コールセンター)
  • 開園時間:9:30〜17:00(入園は16:30まで)※毎週水曜日休園(祝休日の場合はその翌日)
  • 入園料:大人260円、小中学生:80円(日本庭園、自然文化園共通)
  • 開花時期:2月〜3月
  • 駐車場:有料駐車場あり
  • トイレ:公園内にあり
万博記念公園
1970年に開催された日本万国博覧会、当時の先端技術を駆使して建てられたパビリオンが林立する未来都市空間。さまざまな樹木や草花を植え、太陽の塔を中心に、自然の森、そして新たな緑の公園として再生しました。

大阪椿の名所3選! その2:服部緑地 都市緑化植物園

服部緑地は豊中市と吹田市にまたがる府立公園で、昭和25年に開設されました。主な施設には、陸上競技場やプールなどのスポーツ施設、都市緑化植物園、音楽堂や日本民家集落博物館などがあります。

都市緑化植物園の椿の名所は、「椿山」と「カメリアルーム」(温室)の2ヶ所あります。

まず椿山には日本の椿が約350種と洋種椿が約120種あります。椿山は昭和58年に第一回全国都市緑化フェアが開催された場所です。全国都市緑化フェアは、緑がもたらす快適で豊かな暮らしのために都市緑化を進める花と緑の祭典で、今では全国各地で行われています。

世界的にはベトナムや中国南部などで温かい地域に生息する椿もあり、寒さに弱いため温室のカメリアルームで生育されています。珍しい外国産の椿を中心に20種類以上の椿が育てられています。

日本では寒い季節に見ごろを迎える椿なので、あたたかい温室で椿を愛でるのもまた違った楽しみができますね!

開花情報は公式YouTubeで配信されているのでチェックしてみてください。

服部緑地【公式】チャンネル
服部緑地は、大阪の豊中市から吹田市にまたがる大規模公園です。 園内には都市緑化植物園、日本民家集落博物館、乗馬センター、野外音楽堂、陸上競技場、テニスコート、ウォーターランドなど多彩な施設がそろっています。 服部緑地チャンネルでは季節ごとの園内の風景やイベント情報を発信していきます。 なお、運用上いただいたコメントへの...

基本情報

  • 住所:〒561-0872 大阪府豊中市寺内1−13−2
  • TEL:06−6866ー3621
  • 開園時間:10:00〜17:00(入園は16:00まで)※毎週火曜日休園(祝休日の場合はその翌日)、年末年始休園
  • 入園料:大人(高校生以上)220円、中学生以下無料
  • 開花時期:12月〜4月
  • 駐車場:有料駐車場あり
  • トイレ:植物園内にあり
ホーム
服部緑地は、広さ約126ha(甲子園球場の約33倍)という府下最大級の規模を誇り、「日本の都市公園100選」「日本の歴史公園100選」に選ばれています。

大阪椿の名所3選! その3:大阪市立大学付属植物園

大阪市立大学付属植物園は昭和25年に理工学部付属の研究施設として発足し、以来植物学の基礎研究の対象として植物の収集と保存に努めている施設です。

研究の場ではありますが、自然学習や生涯学習の拠点として一般公開されています。

椿山には260品種600本の椿が植えられています。山斜面の地形を利用して栽培されているので、登山の雰囲気も味わいながら椿を散策できます。

研究として植えられているものも多いので、珍しい名前の椿もあり楽しめます!

植物園の椿の様子は動画を参照してください。

大阪市大付属植物園ツバキ笑顔令和3年02月20日(土)その2ムービーショー

 

また公式のYouTubeでもその日の植物園の様子をみることもできます。

【公式】大阪市立大学附属植物園
大阪市立大学附属植物園の動画チャンネルです。

基本情報

  • 住所:〒576-0004 大阪府交野市私市2000
  • TEL:072−891−2059
  • 開園時間:9:30〜16:30(入園は16:00まで)※毎週月曜日休園(休日の場合は開園)、年末年始(12月28日〜1月4日)
  • 入園料:大人350円、中学生以下無料
  • 開花時期:2月〜4月上旬
  • 駐車場:有料駐車場あり
  • トイレ:あり
大阪市立大学附属植物園
大阪市立大学附属植物園 のホームページで...

椿の名所のNGマナーと注意点!

椿の名所を紹介してきましたが、花を愛でていると思わず写真を撮りたくなったり、触りたくなってしまうこともあります。

基本的に植物園の樹木、花は植物の生態系および環境、景観維持のため採取してはいけません。

うっかり!ということがないように事前に注意点を確認しておきましょう!

  • 植物を折ったり、花を持ち帰ってはいけません。(落ちている葉やきのみもダメです!)
  • 植物を持ち込んでもいけません。
  • 写真撮影は営利目的ではなければ基本的には大丈夫です。
  • ゴミは持ち帰りましょう。
  • 園内に犬や猫、ペットの持ち込みはできません。
  • 喫煙コーナー以外は禁煙です。

もし、花を傷つけてしまった場合は植物園のスタッフさんに知らせておくことが大切です。

上記注意点は一般的なものなので、それぞれの植物園での利用ルールをしっかり守って楽しく椿観賞しましょう!

また混雑回避したい人へのおすすめですが、

  • 花まつりが行われている場合は開園にあわせていきましょう!人が少ない時間にゆっくりみて回れます。
  • 花まつりの時期をさけるのもありです!花まつりの時期じゃなくても長く見ごろが続くので椿ならではですね!

大阪近郊にも名所がありますよ!

大阪以外で関西圏の椿の名所もご紹介します。近くによった際の参考にしてください。

①奈良県

白豪寺

伝香寺の散り椿、東大寺開山堂の糊りつばきと並んで奈良三名椿のひとつ「五色椿」が有名です。樹齢約400年といわれ、紅、白、桃色の斑らの花をつける椿です。

基本情報
  • 〒630-8302 奈良県奈良市白毫寺町392
  • TEL:0742ー26ー3392
  • 時間:9:00〜17:00
  • 拝観料:大人500円、中高生300円、小学生200円
  • 開花時期:3月下旬〜4月上旬
  • 駐車場:なし

②京都府

地蔵院(椿寺)

京都の地蔵院は椿寺と呼ばれ、本堂前に咲く「五色八重散椿」が有名です。散り椿で、花びらが一枚ごと散る椿は珍しく、境内に散った花びらが敷き詰められた様子もきれいです。

基本情報
  • 〒603-8332 京都府京都市北区大将軍川端町2
  • TEL:075ー461ー1263
  • 時間:9:00〜16:00
  • 拝観料:無料
  • 開花時期:3月下旬〜4月上旬
  • 駐車場:数台無料駐車場あり
椿寺だより
京都・浄土宗寺院 昆陽山地蔵院椿寺のブログです。椿やお寺の様々な情報を紹介します。

③兵庫県

兵庫県立フラワーセンター

季節により約4500種の花と緑が憩いの場となり、澄んだ空気を胸いっぱい味わえる場所です。ツバキ園とツバキの森があり、約150種の椿をみることができます。

基本情報
  • 〒679-0187 兵庫県加西市豊倉町1282−1
  • TEL:0790ー47ー1182
  • 開園時間:9:00〜17:00(入園は16:00まで)※毎週水曜休園(祝日の場合は翌日)
  • 入園料金:大人500円、高校生以下無料
  • 開花時期:3月下旬〜4月
  • 駐車場:無料
兵庫県立フラワーセンター | 季節により約4,500種類の花と緑が憩いの空間を提供する花の公園
季節により約4,500種類の花と緑が憩いの空間を提供する花の公園

まとめ

 

  • 大阪での椿の名所、「万博記念公園」「服部緑地」「大阪市立大学付属植物園」の3ヶ所紹介しました。
  • 見ごろ迎えるのは1月から3月ですが秋から春にかけて長く観賞できます。
  • 花を持ち帰ることはNG!ルールを守って楽しく観賞しましょう。
  • 奈良県(白豪寺)、京都府(地蔵院)、兵庫県(兵庫県フラワーパーク)の椿の名所も紹介しました。
  • 開花状況は各ホームページなどで確認してください。

大阪はもちろん、関西には椿の名所がたくさんあります。

古くから日本人に愛されていた椿、色も散り方までも異なる種類豊富な花です。

ピンクの愛らしい「乙女椿」や、バラのようにさく「紅乙女」、黄色いおしべを持つ白い椿「白鶴」。おすすめは書ききれないほどあります。

寒くて出かけるのも億劫な冬ですが、色とりどりの椿をみて春を迎えてみませんか?

見ごろも長いので、ゆっくり散策してぜひお気に入りの椿を見つけにいきましょう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました