新年の抱負作文の書き出しは?小学生高学年らしい内容を書くには?

小学生の皆さんにとって次の楽しみは「冬休み」ですね。反面やっかいなのが「宿題」。宿題の中でも、一番憂うつなのが「新年の抱負の作文」じゃないですか?

「当たり!」という人、

  • そもそも新年の抱負って何?
  • 何を書けばいいの?
  • 全くアイデアが浮かばない
  • 塾とかあるから書く時間がない!

って困ってませんか?

私も小学生の頃、作文は大嫌いでした。おまけにドリルとか書き初めとかもあるから、短い冬休みはあっという間に終わってしまうんですよね。

でも安心してください。

作文は「書く順番」さえわかれば簡単なんですよ。

昔、作文が大の苦手だった私が、今は記事を書く仕事をしているのですから間違いない!

この記事では、

  • なぜ新年の抱負を決める必要があるのか
  • 素敵な作文を書くコツ
  • 「新年の抱負」の書き出しと締めの言葉の例文

について具体的に紹介しますね。

読み終えたときには、作文がスラスラと書けるようになっているでしょう!

新年の抱負を題材にした作文が思い浮かばない

そもそも「新年の抱負」って何でしょう。

一言でいうと、「来年、あなたはどういう小学生生活を送りたいか」です。そんなのわざわざ作文にしなくても、って思う人もいるかもしれません。

でも、あえて言葉にすることで、「自分が今思っていること」がはっきりとわかるのです。5年生なら、「来年は最高学年なので勉強を頑張りたい」と思っているでしょう。

これが新年の抱負です。具体的には何を頑張りたいですか?

「漢字が苦手だから予習・復習をしっかりしたい」

これが目標です。

新年の抱負は「来年の夢」と考えるとわかりやすいでしょう。「来年の夢」なのですから、冬休み中にしっかりと考えて新年を迎えるために、冬休みの宿題として出されるのです。

夢なんて無い!という人もいるかもしれません。

夢って大げさなことじゃないんですよ。あなたが「一番楽しい」と感じられることがあれば続けてみてください。ひょっとすると、それがあなたの将来の夢になるかもしれませんよ。

新年の抱負を、「夢をみつける第一歩」として考えてみてください。

それでは、早速書き方のポイントをご紹介しましょう。

小学生高学年らしい新年の抱負作文のポイントは?

新年の抱負作文のポイントは、「自分の決意をはっきりさせること」です。

5年生は、来年は最高学年として卒業にむけての準備が始まります。最高学年と言われてどんな事を考えますか?

  • 中学進学へむけて勉強を頑張りたい
  • 友達とたくさん思い出をつくりたい
  • 小学生最後の年だから、学級委員をやってみたい
  • 生徒会の仕事をしてみたい
  • 習い事と勉強を両立させたい

などと考えている人もいるでしょう。

6年生は4月から中学生ですから、

  • 中学で勉強についていかれるか心配
  • 苦手な科目を克服したい
  • 部活をがんばりたい
  • 先生との思い出を作りたい

など、不安と希望が入り混じっている頃だと思います。

その気持ちを素直に書き、それを達成するために何をするかを追加するだけで、立派な「高学年らしい新年の抱負」になりますよ!

新年の抱負作文の書き出し例文!

ここからは、例文を交えながら実際に書いてみましょう。

まずは文章の書き出しです。

書き出しは、「私の新年の抱負は◯◯◯◯です」と結論から書き出すのがコツです。聞いている人が一番わかり易いからです。

その次に、なぜそう思うか、そのために何をするか、という順で書いていきましょう。

例文1

僕の新年の抱負は、勉強を頑張ることです。4年生の時と比べて算数の成績が落ちたので、頑張りたいです。また、漢字も難しくなってきたので、まずは復習からしようと思います。また、授業中なかなか手があげられないので、思い切って手があげられるようになりたいです。

この作文の良いところは、勉強を頑張るために、何をするのかきちんと考えていることです。また、「手があげられない」という弱点を克服したいという、前向きな気持ちが表れていますね。

このように具体的に決めておけば、すぐに取り掛かかることができるのです。

例文2

私の新年の抱負は、低学年のお手本になるような人になることです。来年は最高学年になるので、低学年の子と一緒に遊んであげたり、めんどうをみてあげたいです。自分も低学年の頃、高学年のお姉さんたちに遊んでもらってとてもうれしかったからです。

自分がしてもらった事を恩返ししたいという気持ちですね。

勉強の事だけではなく、自分がどういう人になりたいかというテーマも、高学年らしい立派な新年の抱負になります。

例文3

私の新年の抱負は3つあります。1つ目は来年は中学生になるので、毎日必ず1時間は勉強しようと思います。2つ目は、小さい頃からずっとサッカーを続けているので、中学校の部活でもレギュラーを取れるように頑張ります。3つ目は、毎朝元気に挨拶することです。挨拶されたらお互いに気持がいいし、今日もがんばろうって思えるからです。

新年の抱負は1つとは限りません。このように1つ目は〇〇、2つ目は〇〇・・という風に書けば、聞いている人にもしっかりと伝わります。

 

このようにして、何を書こうかと考える機会があるからこそ、自分で自分の心を見つめることができるのです。

「自分は何をしたいか、どうなりたいか」をしっかり考えて見てください。

新年の抱負作文の締めの例文!

前半の文章ができれば完成したも同然。次は、締めの文章を考えましょう。

先程の例文に続けてみますね。

例文1

僕の新年の抱負は、勉強を頑張ることです。4年生の時と比べて算数の成績が落ちたので、頑張りたいです。また、漢字も難しくなってきたので、まずは復習からしようと思います。また、授業中なかなか手があげられないので、思い切って手があげられるようになりたいです。今年は小学生最後の年なので、自信をつけて中学生になれるように努力したいです。

来年の事だけではなく、その先の未来まで思い描いて考えているのが良いですよね。

6年生で学んだことや努力して自信をつければ、結果中学生になって役に立つんです。

例文2

私の新年の抱負は、低学年のお手本になるような人になることです。来年は最高学年になるので、低学年の子と一緒に遊んであげたり、めんどうをみてあげたいです。自分も低学年の頃、高学年のお姉さんたちに遊んでもらってとてもうれしかったからです私は将来看護婦さんになるのが夢なので、誰にでも優しくできるように努力したいです。

将来の夢が決まっていれば、それも盛り込めば、聞いている人の記憶にしっかりと残るでしょう。

例文3

私の新年の抱負は3つあります。1つ目は私は英語が苦手なので、毎日必ず1時間は勉強しようと思います。2つ目は、小さい頃からずっとサッカーを続けているので、中学校の部活でもレギュラーを取れるように頑張ります。3つ目は、毎朝元気に挨拶することです。挨拶されたらお互いに気持がいいし、今日もがんばろうって思えるからです。この3つを頑張って自分に自信をつけれるように頑張ります。

この3つの事を必ずやるぞ!という意気込みが感じられますね。書き出しで語った目標を、締めの文章でもう一度宣言するのです。

そうすれば、あなたの決意がしっかりと相手に伝わるでしょう。

作文が苦手なのは中学受験や今後の人生にマイナス?

例文を参考にして今回はなんとかなりそうだけど、やっぱり作文て苦手だなって思う人、結構いますよね。

私もそうでした。

苦手だっていいんです。誰しも得意なこと不得意なことがあるんですから。でも、中学での勉強や高校受験でも作文を書く機会はたくさんあります。

また、就職活動で履歴書を書いたり、社会人になって会社に就職したら、議事録や報告書などを書くことも多くなります。

今のうちに少しづつ作文に慣れておくと、きっと将来役に立つでしょう。

作文嫌いを克服するには、

  • カッコいい文章を書こうと思わないこと
  • 長い文章を書こうとしない
  • 自分の思っていること、考えていることをありのままに書く
  • 練習がてら日記をつける
  • 普段からいろいろな本を読む
  • 短い文章で読書感想文を書いてみる

ことを意識してみてください。

もし塾や部活で時間がとれなければ、「作文通信教育」なら都合のよい時間に練習できるので、おすすめです。

今なら、2ヶ月間のトライアルキャンペーンをやっているみたいですよ。

 

小学生向け作文通信教育講座ブンブンどりむ

小学生の作文力をアップする通信教育講座「ブンブンどりむ」(齋藤孝先生監修)
小学生を対象とした作文の通信講座。丁寧な作文添削指導と楽しい教材で、書く力、考える力を育てます。(齋藤孝先生監修)

まとめ

◆新年の抱負を題材にした作文が思い浮かばない

  • 「自分は来年何がしたいか」を自分の心に聴いてみましょう。

◆小学生高学年らしい新年の抱負作文のポイントは?

  • 中学進学のために、今何をするべきかを考えてみることです。

◆新年の抱負作文の書き出しと締めの例文!

  • 形だけ参考にして、中身を自分の経験におきかえればOK!

◆作文が苦手なのは中学受験や今後の人生にマイナス?

  • 今のうちに克服すればマイナスどころかプラスになります。

作文が上手に書けるということは、言葉を上手に使える、ということです。あなたの言葉が誰かの心に響き、感動を与えられたらうれしくないですか?

作文は、書くたびに上手くなっていくものですから、どんどんチャレンジしてください。

「新年の抱負」をきっかけに苦手が克服できたらいいですね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました