PR

冬休みの宿題に家庭科から出題!小学生・中学生向けの内容とは?

冬休みというと1年の最後の休みということで小学生、中学生はウキウキしますし正月にはお年玉がもらえるという嬉しさも相まってテンションマックスになることでしょう。

実際自分も冬休みの直前には気分が良くなりますし、イベントが目白押しの時期でもあるのでなおさらです。

しかし、休みの期間は宿題が出るので学生にとって邪魔だなと感じたり、面倒だと思ってしまうのが当然ですし、学生の宿命のようなものですよね。

宿題というと図画工作や作文が主なのですが、家庭科の宿題が小学校や中学校で課題として出される場合あります。

  • 料理のレシピや献立を考えて作り方もノートに書き発表する。
  • 生地の裁縫を行い班で発表する。
  • 大掃除を行い身の回りを整理整頓する。

小学生や中学生は家庭科の課題はどのような内容があるか、何か子供が宿題で困っているようなら今回の記事を参考にしていただければ、家庭科の宿題がなぜ出されるかの意図や、どのように課題を進めるかのコツが分かってきます。

特に小学生や中学生の子供がいる主婦の方で、家庭科の宿題でどのようなものがあるか確認しておきたい場合は参考になります。

家庭科の宿題が出される意図や狙いは? 学習効果は?

料理や裁縫など生きていく上での力を自分で調べて身につけて欲しいからです。

宿題が出される理由としては、小学生の場合だと自己学習する習慣がついていない場合もあるため学習が疎かになっているケースが多々見受けられます。

もし宿題という強制力があるものを課さないと周りの学生はやらないし、自分もやらなくても大丈夫!という意識が芽生えることになります。

そうなると人間は環境で簡単に変わる生き物なのでどんどん積極性も失われますし自分で解決しようとする気力も失われていくことになります。

学生の場合だとみんなで一緒にといった方針が強いですし、家庭科などは料理をグループで作ったり何か企画を考えたりする場合も大変多いです。

料理や裁縫など喜びを分かちあえるような分野が多い家庭科では学習をしていくほど栄養に詳しくなったり健康について興味を持っていくことも多くなります。

興味を持てるチャンスを掴みやすい効力も期待することができます。

家庭科の宿題!小学生向けの内容のやり方は?

一緒に子供と親が宿題を行うことも多いのでまずやる気を上げさせるのが重要です。その中でも親が子供に対して行ってはいけないポイントもあります。

3つあり、

  1. 怒る
  2. 無視する
  3. 無理にやらせること

です。

どれか1つをしてしまっている方も少なくないかもしれませんが一緒に宿題をする際には子供がやる気をなくしてしまう原因になります。

怒ってしまうと恐怖を感じて1人で作業しようとしてしまいますし、無視するや無理にやらせてしまうなどしてしまうと自分に関心はないし自分に対して何も考えてくれないなと思わせてしまい頼られなくなってしまいます。

そういった観点からもやる気を出させて自主性を高めていきましょう。

環境の面から考えるなら部屋の整理をして、机周りの整理を行うと無駄な雑念がなくなり宿題に向き合いやすい状態を作り出すことができます。

文房具をそろえたり、鉛筆削りを用意するなど簡単なことから始めていきましょう!

もう1つ重要なポイントとして親と子供が話し合うといったことも重要です。

子供としてはなぜ宿題をやらなければいけないのか疑問に思っていることも1つ1つ解消して当然でしょと突き放すような言い方はしないように注意しましょう。

復習や前向きさを積み重ねていければおのずとやる気も出てきます。

親と子供が近くで一緒に作業をするということは重要で、声をかけやすい距離にお互いがいると安心感とアドバイスのしやすさもともにあります。

詰問や尋問のようになってしまうと子供と親の関係に亀裂が入るのでイライラして接しにくいなと思わせないように努めてください。

ご褒美を子供に与えたりするのも有効手段になります。

何か大きなことを達成したときにご褒美があればそのために頑張れるといったいいサイクルに入ることができます。

そうすれば自主性を高めることにもつながりますし、同時に積極性も高めていくことが可能になります。

冬休みの家庭科の宿題!中学生向けの内容とは?

中学生だと小学生のときとは異なり、自主性の高さの求められる度合が上がると同時に創造性などが求められてきます。

担任の先生が厳しい場合だと宿題で出される内容自体が難しかったり、量が多かったりして大変な場合があったりします。

また学校によりますが「行事食について調べて作ってください。」といった内容が出されていることもあり頭を悩ませる内容が増えてくるのも特徴です。

タイトルとURLをコピーしました