PR

受験生に贈る言葉!受験当日にリラックスできるメッセージ【立場別】例文!

  • 「受験生に贈る言葉の例を知りたい!」
  • 「受験当日にリラックスできるような声がけをしたい!」
  • 「試験前に受験生を勇気づけたい!」

中学受験や高校受験を控えている受験生に対してこのような悩みをお持ちではありませんか?

受験当日に受験生がリラックスできるような言葉をかけてあげたいと思っても、パッと思いつきませんよね。むしろ、受験生の負担になってしまわないか、気分を害さないか、不安になります。

そこで、この記事では以下の3つのポイントを解説していきます。

  • 受験生の負担にならないメッセージのポイントとNGワード
  • 立場別の受験生に贈るリラックスさせる言葉
  • 言葉を贈るタイミング

5分くらいで読める記事ですが、読み終わるとリラックスさせる言葉を考え方がわかっていますよ。

それでは、さっそくいってみましょう!

負担にならないメッセージのポイント!NGワードは?

受験当日にメッセージを贈る際、一番大切なのは「プレッシャーをかけないこと」です。

いくら合格圏にいる人でも受験当日はかなり緊張します。自分の人生を左右する分かれ道に立っているので、緊張するのは当たり前です。

「勉強してきたけど、苦手なところが出たらどうしよう」

「頭が真っ白になったらどうしよう」

などと、不安に思い、ドキドキしながら試験時間までを過ごしています。

そのような状態の受験生にプレッシャーをかけると、さらに緊張してしまい、本来の力を出し切れなくなってしまいます。

プレッシャーにならないようなメッセージにするために、

  • 短く端的な文章にする
  • ただ単に「頑張れ!」と応援しない
  • 前向きで明るい文章にする

この3つのポイントを意識してメッセージを考えましょう。

もちろん、「滑る」「落ちる」「散る」「転ぶ」「敗れる」「崩れる」などはNGワードです。いずれも不合格を連想させる言葉なので使わないようにしましょう。

親から受験生に贈るリラックスさせる言葉

まずは、親の立場から受験生に贈るリラックスさせる言葉の例です。

  • 「これまで一生懸命勉強してきたから大丈夫!」
  • 「いつも通りリラックス!」
  • 「思いっきりぶつかってこい!」

ポイントは子どもの性格に合わせてメッセージを変えることです。子どもの性格は親が一番よくわかっています。

心配性であれば努力を認めるような言葉を、あがり症であれば落ち着くように言葉を、負けず嫌いであれば奮い立たせるような言葉を贈りましょう。

どんな言葉をかけると自分の子どもが落ち着くかを考えれば自然と思い浮かびますよ。

塾の担任から受験生に贈るリラックスさせる言葉

次に、塾の担任から受験生に贈るリラックスさせる言葉の例です。

  • 「今まで一緒に勉強してきたことを信じよう!!」
  • 「努力は裏切らないよ!」
  • 「これまで一緒にやってきたから大丈夫!」

塾の担任という立場であるあなたは、受験生がどれだけ試験のために勉強してきたのかをよく知っています。挫折しても立ち上がる姿や、コツコツと目標に向かって勉強している姿を長い時間、間近で見てきたはずです。

そんな受験生の努力を認める言葉をかけることで、彼らを安心させてあげましょう。

受験生は二人三脚でやってきた先生に認めてもらえると、自信を取り戻し、リラックスできますよ。

学校の担任から受験生に贈るリラックスさせる言葉

学校の担任から受験生に贈る言葉の例です。

  • 「後悔のないようにね!」
  • 「〇〇くんなら大丈夫!」
  • 「誰よりも頑張ってきたからできるよ!」

学校の担任は、受験生のただ「合格したい!」という思いだけではなく、「この道に進みたから」「この学校のここに惹かれたから」という、将来の夢や希望に対する思いも知っています。

タイトルとURLをコピーしました