三社参りの風習は福岡だけ?順番は?ご利益は?東京にはない?

福岡では定番の三社参り(三社詣)ですが九州以外の方にはあまり馴染みがないですよね。

九州地方に根付いた風習で、初詣に三つの神社を参ることを三社参りと言います。

三社参りなんてご利益がなくなりそうと思ってしまうかもですが、神社によってそれぞれご利益が違うので、三社参ることによりよりたくさんのご利益がいだだける気がしませんか?

私は福岡に住んでいますが、三社参り自体は子供の頃から慣れ親しんだ言葉ではありますが、「どこから始まったんだろう」「まわる順番」は、など、私を含め福岡に住んでいても、詳しく知っている方が少ないのではないでしょうか?

また福岡以外東京(関東)地方にはあるのかも気になりますよね。

この記事では三社参りについて詳しく紹介。おすすめのコースも紹介していますので、参考にされて下さいね。

三社参りの風習は福岡だけ?東京にはない?

福岡ではメジャーな風習として、初詣の恒例となっている三社参りですが、諸説は2つあります。

【諸説1】

起源は朝廷が「伊勢神宮」「石清水八幡宮」「賀茂神社」の3つの神社に参拝したことを知った一般の人々が真似たという説。

【諸説2】

先祖代史の守護神である氏神様 出生地の守護神であるその一生の守り神である産土神、現在住んでいる地域の守護神である鎮守神 3つの神様に挨拶する意味を三社詣(三社参り)という説があります。

ではなぜ福岡ではメジャーな風習として根付いたのでしょうか?

初詣はの風習が全国的に広がったのは明治時代。お正月に参拝で電車を利用してもらおうと開始したキャンペーンが大きいんだとか。

福岡に定着したのも交通機関が関係していて、昭和30年代宮地嶽神社が新たな初詣の風習で宮地嶽神社・太宰府天満宮・筥崎宮をまわるプランに国鉄、バス会社が賛同し三社参りをプロモーションしたことで九州に根付いたとされています。

キャンペーンがきっかけとは、調べてみてちょっと驚いてしまいましたが、宮地嶽神社・太宰府天満宮・筥崎宮と、この三社は福岡の三社参りで定番になっているので、これを知れば納得できますよね。

東京では決まった三社参りはありませんが、関東随一のパワースポットでもある茨城県の「鹿島神宮」「息栖神社」千葉県の「香取神社」の三社を参拝する「東国三社参り」があります

三社参りのご利益とは?おすすめの参拝方法は?

実は福岡の三社参りは決まったルールはないんです。元旦で三社まわってもいいですし、三ヶ日でまわっても良いんです。

三社まわる事でどんなご利益があるんだろうと思いますよね?

三社まわることで特別なご利益があるわけではありませんが、三社それぞれのご利益を頂くことが期待できます。

日本において数字の3はその読みが、「みっつ」であることから思いや願いが叶う「満つ」充足を意味する「充つ」なと考えられ縁起が良いとされています。

またお正月は参拝に多くの人が来られるので活気で溢れパワーをいただけます。

沢山の神様にご挨拶する事、そこでお願い事をする事でによって自分自身が、その願い事を叶えようと努力する事が三社参りの一番のご利益ともいえますよね

参拝方法は

1.神社の入口の鳥居の前で一礼

2.参道の中央はさけゆっくり歩く(中央は神様が通ると言われています)

3.手水舎で身と心を清める

手水の作法

  1. 備え付けられているひしゃくを右手で持ちます
  2. 水盤から水を汲み、まず左手を清める
  3. ひしゃくを左手に持ち替え、右手を清める
  4. もう一度ひしゃくを右手に持ち、左手の手のひらに水を溜め口をすすぎます。※ひしゃくに直接口をつけるのは厳禁です
  5. ひしゃくを立てて、残った水が柄を(持ちて)に流れるようにして柄を洗う
  6. もとあった場所に伏せてもどす

※コロナウイルス感染拡大防止の為参拝方法など神社によって異なる対応がとられている場合があります。ご利用の際には予め最新情報をご確認下さい。

4.本殿の鈴を鳴らす
本殿とされる前に立ち大きな鈴を鳴らす。大きくゆすり、カランカランと音を鳴らして神様に来たことを知らせます。

5.お賽銭を入れる

6.二礼二拍手一礼

現在のお参りの基本作法となってます。

お参りの基本作法

  1. 一度姿勢を正し、深いおじぎを2回行う
  2. 胸の高さで、右手を少し引いて(ずらして)手をあわせる。肩幅程度に両手を開き、2回打つ
  3. 手をきちんと合わせ、心を込めて祈る
  4. 深いお辞儀をする

お参りと言うと願い事を伝えるもの「合格できますように」などと考えがちですが、もっとも大切なのは神様への感謝を伝える事。

そのうえで「勉強に励みます」など誓いを立て、神様に応援してもらいたいという気持ちで願い事を唱えます。

はじめて参拝する場所は特にですが、自分の氏名をなのり住所を伝えると良いと言われています。

参拝のルートは

定番のルート、有名な名所をまわられるのなら

  • 太宰府天満宮
  • 宮地嶽神社
  • 筥崎宮

※多くの参拝者が訪れるため三が日かけて行くほうが良いでしょう。

一日で三社なら

天神駅周辺での参拝がおすすめ三が日移動するのが難しいのなら近場のこの三社。

  • 櫛田神社
  • 警固神社
  • 住吉神社

が良いでしょう

今あやかりたいご利益を授けてくれる神社にかえてみたりするのも良いですし、また一社は自宅近くの氏神様にますば挨拶にいくのも良いですよ。

三社参りの神社紹介!

 

宮地嶽神社

神功皇后、勝村大神、勝頼大神の三柱を祀っている商売繁昌・交通安全・家内安全の神様。

古事記や日本書紀によれば神功皇后が渡韓の際に山頂から開運を祈ったとされています。何事も打ち勝つ開運の神として信仰されています。

こちらの神社は、奇跡的な光景が見れる神社として近年大きな注目を浴びています。CMでも登場した「光の道」は一年のうち2月と10月だけ出会える奇跡の光景です。

神社の階段から海まで一直線にのびる参道の先に太陽が沈む光景は、一生に一度は拝みたい話題のパワースポットです。

基本情報

福岡県福津市宮司元町7−1

TEL 0940-52-0016

開門時間

授与所 7:00〜19:00

12月31日の夜から1月3日は24時間参拝可能

正月は三が日混んでいます、4日以降がゆっくり参拝できますよ。神社への道は大渋滞がおきます。

  • 元旦 12月31日の午後23時から午前3時まで混雑する
  • 1月2日 午前8時から午後17時まで混雑
  • 1月3日 午前8時から午後17時まで特に混雑
  • 元旦に行くなら夕方以降がおすすめ

太宰府天満宮

天神さま(菅原道真公)をお祀りする、全国12000社の総本宮と称され学問・至誠・厄除け」神様として有名で、年間約1000万人もの参拝者がおとずれます。

学問だけではなく宮内の「御新橋」を渡ると浄化お清めのご利益があるとされています。

太宰府駅から続く参道は飲食店や土産物屋があり、参道を歩きながら食べ歩きしたりもできます。太宰府といえば梅ケ枝餅は欠かせません。

私も梅ヶ枝餅を見るとつい買ってしまいます。江戸時代から参拝の土産として定着したようですよ。

基本情報

福岡県太宰府市宰府4丁目7−1

開門時間

  • 春分の日より秋分の日の前日まで6時
  • 以降は6時30分
  • 閉門時間4、5、9、10、11月19時
  • 6、7、8月19時30分
  • 12、1、2、3月は18時半

大混雑していますが、真夜中でもお守りを買ったり、おみくじを引いたりかなり活気があります。三が日はずっと混んでいます。

狙い目の参拝時間は1月1日の18時以降がおすすめ、2日3日は18時以降は参拝客はぐんと少なくなります。三が日は24時間開門しています。

筥崎宮

元冠の際に神風で蒙古軍を撃退したといわれる。地元の野球球団も毎年訪れる勝運の神様です。

筥崎宮の中には樹齢800年の大きな楠の木、「湧出石」と呼ばれる石があり触ると招福開運のご利益があるといわれている、2大パワースポットがあります。

基本情報

〒812-0053 福岡市東区箱崎1-22-1

筥崎宮社務所 092-641-7431

櫛田神社

博多の総鎮守・総氏神、博多祇園山笠が行われる神社でも有名で境内には大きな山笠が奉納されています。夫婦銀杏があることから縁結びのパワースポットとしても人気です。

節分の櫛田宮の祭りでは、神社の入口に日本一おおきなおたふく面が設置されます。大きく開いた口を通って参拝すると、商売繁盛家内安全のご利益があると言われています。

私も以前通ったことがありますが、間近で見ると結構な迫力でしたよ。

基本情報

福岡県福岡市博多区上川端1−41

TEL 092-291-2951

開門時間4時から22時、社務 9時から17時

  • 三が日混雑します
  • 大晦日の午後11時から人が増えはじめます
  • 元旦 年越しと1日の昼が時に混雑
  • 1月2日 午前10時くらいから午後5時位まで  混雑
  • 1月3日 午前10時くらいから午後5時まで混雑
  • 元旦は早朝から午前9時まで、また夕方がおすすめです

警固神社

天神エリアの中心に鎮座している小さな神社ながら都会のオアシスともいえます。

災いである厄除けのご利益があるため、合格祈願恋愛成就のパワースポットとして親しまれています。

都会の真ん中にあるにも関わらず緑が豊かで境内に一度踏み込めば神秘的な空気を感じることが出来ますよ。

基本情報

福岡市中央区天神2丁目2−20

TEL 092-771-8551

開門時間

  • 参拝自由(祈願受付9時から17時授与所9時から19時)
  • 元旦 年越しと午前9時から午後5時位まで混雑
  • 1月2日 午前9時頃から午後5時まで混雑
  • 1月3日 午前9時から午後5時位まで混雑
  • 特に2日3日は初売りとも重なるので混雑します
  • 参拝するなら早朝から夕方以降がおすすめです

住吉神社

櫛田神社から歩いて15分程の場所にあります。

創建は1800年以上前で、全国に2000社以上ある住吉神社の中で最も古いとされています。船舶守護航海安全のご利益があり地元の人々からは「すみよしさん」と呼ばれ親しんでいます。

神社には手を合わせるとパワーがもらえると言い伝えられている力士像があります。

基本情報

福岡市博多区住吉3−1−51

TEL 092-291-2670

開門時間 6時から21時

  • 元旦 午前10時から午後5時まで混雑
  • 1月2日 午前10時から午後5時まで混雑
  • 1月3日 午前10時から午後5時まで混雑
  • 早朝か夕方以降がおすすめ
  • 2日3日は初売りもありこちらも混雑しています夕方〜夜が良い

九州や福岡ならではのお正月は?

県によって色々なお正月の風習がありますが、九州や福岡のならではのお正月や料理も気になりますよね。

この料理は九州ならではだったのか?とか思うかも知れませんよ。

福岡県春日市、筑紫野市の一部地域

「三泊は避ける」年末年始は三泊しては行けない。二泊や四泊はOK。どうしても三泊しないと行 けない場合は身につけたものを一つおいていく。

熊本「嫁ごブリ」

結婚した最初の暮に夫の実家から大きなブリを妻の実家に送ります。「お嫁さんとしてちゃんとやれています、気に入りましたよ」という意味が込められているそうです

九州の料理「博多雑煮」

すまし汁仕立てアゴだしを使用。

また具材としてブリを使う ブリは大きさとともに名前が変化する出世魚と呼ばれていてめでたい席に使われる。博多しか見かけない「かつお菜」をいれる(食べるとかつおの味がふんわりしますよ)

博多「がめ煮」

里芋、にんじん、レンコン、ごぼう、椎茸、こんにゃくなど一口大にして砂糖と醤油で味付けして煮込む。「がめくり込んで(いろいろ入れて)」という博多の方言からがめ煮と言われています。

佐賀「佐賀雑煮」

佐賀県の太良町では有明産の牡蠣を使った「牡蠣雑煮」牡蠣をさっと茹でて取り出したところ、ゴボウ、人参、白菜などいれて煮込み仕上げに丸餅と牡蠣を入れる。味付けは白だしとみりんです。

長崎県伊万里「くじら雑煮」

皮と白い脂身の「カワクジラ」を使用。塩蔵のくじらを水で洗って熱湯をくぐらせ、ゴボウ、かまぼこ、高菜、人参をつかいます。

長崎県「にごみ」

大根、にんじん、里芋、ゴボウ、こんにゃく、しいたけ、こんぶそしてピーナッツが入った煮込み料理。

熊本「具雑煮」

ゴボウ、高野豆腐、里芋、白菜、椎茸、春菊、大根、鶏肉 十種類の具材を使っている。天草四郎が考案したという説もある。

ゴボウと鶏肉がないと具雑煮と言えないそうです。

熊本「辛子蓮根」

熊本県といえば辛子蓮根と言われるほど知名度が高い一品。蓮根の中に辛子味噌を詰め込み、水溶き片栗粉にターメリックを入れて混ぜレンコンをくぐらせ時間をかけて揚げます。

鹿児島県「こが焼き」

魚のすり身と卵を混ぜてつくる伊達巻のようなものです。巻かずに四角い状態で蒸し上げるのが特徴、見た目はカステラのような仕上がりです。

鹿児島県「サバの昆布巻き」

鹿児島県以外では、ほぼ見かけないと言って良い料理。昆布を柔らかく戻してから生のサバを巻き、串に指して煮る。

鹿児島県「さつま雑煮」

干した焼きエビと干し椎茸、昆布を一晩水につて出汁をとる。焼きエビ、鶏肉、白菜、椎茸、里芋などに豆もやしをいれます。

大分県「黄飯」

クチナシの乾燥した実を使って色付けしています。

クチナシはサフランと同じ成分が含まれておりますがサフランのような、香りがしないので日本料理にぴったりこの黄飯は大晦日に炊き、白身魚や豆腐、野菜を炒めて煮込んだ汁物をかけて食べるのが正式。

まとめ

 

  • 三社参りが全国的に根付いたは明治時代。昭和30年代に宮地嶽神社が新しい初詣の風で三社まわるプランに電車、バス会社が賛同したことが福岡に根付いたとされている
  • 福岡の三社参りにルールは特別ない。沢山の神様にご挨拶するという気持ちが大事
  • 参拝ルート
    • 定番 宮地嶽神社・太宰府天満宮・筥崎宮
    • 一日で廻りたいなら 櫛田神社・警固神社・住 吉神社
  • 九州お正月料理

博多雑煮、がめ煮、佐賀雑煮、くじら雑煮、にごみ、具雑煮、辛子蓮根、こが焼き、サバの昆 布巻きさつま雑煮

特別な決まりやご利益がなくても、古くからの三社参りの風習が今現在も根付いていることがすごいですよね。

私も三社参りのはじまりや、なぜ福岡に根付いたかを知ることができ、また違った気持ちで神社に参拝することができます。

初詣は是非この記事を参考にして頂き、知っている方はまた新たな気持ちで、知らない方は三社参りして頂けたら幸いです。

皆さんにとって素敵な一年になりますように。

コメント

タイトルとURLをコピーしました